ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

八寸帯完成

柿渋諸紙布のかがりが終わって、八寸帯が出来上がりました。

↓こんな感じ



細くて濃い色の縞模様をお太鼓の上にして、垂れ先は無地にしました。
縞模様の場合、お太鼓や前帯の上の方に濃くてシャープな色があると全体がスッキリ見えます。
垂れに柄があるとオシリに目が行っちゃうし、自分的には柄合わせこれでヨシ。
間隔の開いた二つの縞模様なので、どこに縞模様を持ってくるかで表情が変わります。
自分で仕立てるならば好きな柄合わせが出来ます。

↓持ってるトンボ玉と。




↓帯かがりが出来たので、ついでに長すぎる八寸帯を切って短くしました。



手先を八寸近く切りました。長いはず。
しかも、手先の折込み分もものすごく深い。
なるべく切らないように・・・というのは分かるんだけど、
いかんせん長すぎては締めにくいので仕方ない。

余りぎれは、本体と同じくらい大事にしています。
切った端切れは大事に何かに使います〜。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.