ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

八寸帯かがり

結城単の方はいよいよ大詰めの行程です。
掛け衿の絎けと、袖は次回までに付けてくることに。

それと平行して帯かがりをすることになりました。
諸紙布柿渋=和紙の帯です。
赤い糸を柿渋で染めてあるんですね。
八寸帯は自分でもかがれるので、初めて帯の反物を未仕立てでゲットしてきました。



八寸帯はひたすら両耳をかがる、かがる、かがる・・・
お太鼓部分をトンネル仕立てにすると、涼しげで良いのですが、
不揃い耳のぼさぼさがダブルで目立つので、大変だけど全部かがることにしました。

ん?ラベルよく見てなかったけど和紙100%?・・・ってことは縦糸も和紙なのだろうか?



うっそー。この細い糸、紙?
あ、千鳥掛けの糸はシャッペの手縫い糸です。
アップにするとロープみたい。右撚りになってるのが分かります。
(ちなみにミシン糸は左撚りです)

細い縦糸の先っちょをほぐしてみると線香花火の、手で持つところのようになったので、
すごく薄い和紙を、ごく細く切ってこよりにし、糸状にしたものだと分かりました。



ちゃんと紙だったんだ・・・。
どう見ても糸なんですが、和紙ってすごいなぁと思いました。

布も好きですが、ますます紙のファンになりました。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.