ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

居敷当て

単の着物に羽二重の居敷当てを付けます。
居敷当てで脇縫いの縫い代をくるんで絎けます。

居敷当て(いしきあて)とは、単(ひとえ)の着物や長襦袢に、
補強の目的であらかじめ裏から縫い付けておく布のことをいいます。
人が座ったときに床につく部分、又はその座を古語で居敷き(いしき)と言っていたことから
居敷当てと呼ばれます。
大きさは様々で、並幅でお尻の部分の45cmくらいに付けたものや、
広幅で腰揚げから裾まで付けたりします。
共布や胴裏、晒(さらし)木綿、新モス、羽二重(はぶたえ)など表地に適したものを選びます。
(着物用語集より)

浴衣にはなかった行程です。
絎ける所がいっぱいあって、浴衣や単衣は割と大変らしい・・・。
頑張らなくては〜





Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.