ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

江戸っぽいこの形

人形町にある和菓子の老舗の「亀井堂」の菓子、茶つぼ&半月。
牛乳やバターを使わず、粉と卵と砂糖だけで仕上げた瓦煎餅です。
江戸時代から味が変わってないそうです。
形がとてもイイ感じです。この江戸っぽいシンプルで愛嬌のあるデザインがたまりません。



茶つぼは堅めの瓦煎餅。(かなり堅いので、小さく割りながら食べると良いです)
緑の壺部分は抹茶味、茶色の蓋部分は黒蜜味の刷毛引き(砂糖細工)がしてあります。
この、抹茶味と黒蜜味が美味しいのです。
この刷毛引きの伝統を受け継ぐ職人さんは、日本中探してもこの店の二人だけだそうです。

一方、半月はホロッとした柔らかめの瓦煎餅。
白いところは卵の白身に砂糖を入れて泡立てた、いわゆるメレンゲです。

両方とも、とても風味が良いです。
食べても食べても物足りない甘さとは違う、
まさに江戸好みのしっかりとした味と甘さ。美味しい〜



でも、一番惹かれるのはこの形。
これからも、カッコイイ和菓子を見つけたい!


亀井堂 http://www.kameido.ne.jp/



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.