ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

帯芯&みすや針

帯芯を、表地の縫い代に綴じつけます。
帯地と芯の合体の準備。
何となく、名古屋帯の形状になってきました・・・
お太鼓部分の、芯と表地の釣り合いが重要なのです。
絹地の難易度をつくづく実感です・・・。

コテの正しい使い方。
「先端をわずかに浮かせ気味にして、折り目を誘導しながら、
コテの腹の方で、しっかり強い力で押しながら当てていく。」
ワタシはコテの先端だけに一生懸命力を入れて、しかも後退しながら当てておりました。
これじゃ掛からないの当たり前・・・
早く要領をマスターしなければ。。。



↓そしてこちらは、京都みすやの和裁用待ち針です。
ガラス製でとても美しいです。渋めの色使いが素敵でしょう?
待ち針なんて、あまり気にしてなかったのですが、和裁には長い待ち針が必要なのです。



待ち針準備OK!帯作りには待ち針をたくさん使います。
さぁ、頑張るぞ!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.