ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

足袋を手作り

自分の好きな柄の柄足袋が欲しいと思うことありますよね。
市販のって、いかにも和柄です〜みたいにすごく派手だったり、
手ぬぐいっぽかったりするので。

そこで、気に入った柄で作ってみることにしました。

↓まずは、こはぜセットです。
こはぜは滅多に売ってない代物ですが、新宿オカダヤにて入手。
足袋の型紙キットもあります。手縫いで作れます。

こはぜは、古くなった足袋から取ってもよいですね。
私は、弓道の練習で汚れて履けなくなったのを取ってストックしてあります。



↓ちょっと可愛かったので、リネンのプリント地で作ってみました。(くま柄)
作り方はそんなに難しくないですが、表布と裏布の重ね方とかちょっと複雑です。
出来上がってる足袋とにらめっこして、構造をよく確認しながら作ると良いです。



↓こちらは昨年、行田市の「足袋と暮らしの博物館」で、マイ足袋作り体験で制作したもの。
生地持ち込みで足袋の制作体験が出来ます。(私は銘仙の端切れを持ち込み。)
足袋用の専用ミシンを使用しての体験です。



ミシン使用は、もちろん複雑な工程は素人には無理なので、
ベテランの職人さんの指導を受けながら、直線などの簡単な部分を体験できます。
足袋作りは工程ごとに専用の機械があり、ほとんどの行程で機械操作の体験が出来ます。
とても興味深いです。

昔、実際使われていた印刷ラベルのデッドストックの中から好きなのを選び、
ちゃんと商品のパッケージのように仕上げさせてくれます。(ウレシイ♪)

「やっぱり絹はいいねぇ〜」と職人さんのお褒めにあずかりました。
(別に、絹地を褒められているのであって^^;)

足袋の包装の仕方は二通りあって、写真のは二枚重ねてコンパクトに畳むタイプ。
もう一つは、二枚を広げて並べるタイプ。
たまたま私が選んだラベルが重ねタイプのラベルだったのですが、
「オレはこっちの方が好きだなぁ。昔はこっちだったんだよ。広げてあるのはアジの開きみてぇだから。」

・・・もみあげも凛々しい足袋職人のおじさんのセリフでした。

足袋と暮らしの博物館
マイ足袋作り体験は要予約です。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.