ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

秋の和菓子

お彼岸用の和菓子。
久しぶりに「喜久屋」の生菓子です。
小芋、秋茄子、玉菊、グリーンのは萩です。

4種

ちょっと見ない間にすっかり秋のモチーフに様変わり。

8種

季節にピッタリの美しい和菓子が全部で16種類もあって迷うほど。
選べた方が楽しいからってついたくさん買ってしまい・・・2個ずつ食べれますよ、小っちゃいから。

こちらは秋の定番の「着せ綿」。
その昔、宮中で菊の花の上に真綿をかぶせ、朝露を含ませた綿で体を清め不老長寿を祈った、という
9月9日の重陽の節句にちなんだもの。

着せ綿

紫のグラデが美しい、「桔梗」

桔梗

「月に雁がね」

月に雁がね

青柿の次の、少し黄色く色づいた「柿」
柿だけでも5段階の柿があります。

柿

和菓子はいいですね!!
手のひらの上に収まる小さなものに季節感を込める。
日本の美意識の集大成を見るのであります。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.