ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

野鳥こけし

松之山温泉の野鳥こけしオンラインワークショップに参加しました

野鳥こけしといっても、いわゆる木のこけしではありません
野鳥のオブジェというか人形というか・・・

新潟県十日町市松之山温泉の特産品で
野鳥の宝庫である松之山温泉で生み出されたものです
雪深い松之山で、訪れた人に喜んでもらいたいと考案され、
昭和35年頃から地元の方々の手で作られるようになりました
現在、22種類の鳥があるそうです

野鳥こけしの詳細については
松之山ストーリーをどうぞ

野鳥こけし
※画像出典 松之山温泉

数年前から、松之山温泉の現地で野鳥こけし体験教室が開かれていましたが、
現在、オンラインで開催されるようになりました
講師は松之山温泉・十一屋商店の福原なつきさん
ご自身もまだ教わっている最中とのことでしたが、
野鳥こけしPRのために、率先して活動されています

いよいよZOOM開催!
キットには、あらかじめ仕上がっているボディの基礎、足、目、
羽用の着色脱脂綿、糊、などが入っています

PC194571.jpg

羽を部分ごとに糊で貼り付け、上から薄めた糊を丁寧に筆で塗って固めて行きます
脱脂綿は弾力が無いので、上から糊を塗るとき、筆をなすりすぎるとよれてしまいます
皺が寄らないように、段差が出来ないようにするのがコツ
綿のキワの、羽がふんわりしたところ、重なるところなどが難しいです

鳥というのは、思いのほか流線型のフォルムをしています
リアルな仕上がりです(特に足とか)
色や塗り分け方など参考になります

↓初めてでしたが、何とか上手く出来ました・・・
糊が乾いたら完成です

PC194572.jpg

記念のツーショット
こうしてみると、うちのメジロッちはかなり丸っこい
相当デフォルメされているのが分かります・・・

PC194575.jpg

野鳥こけしは、一度見たら忘れられません
誰もがその魅力にはまって、集めたくなってしまうでしょう
農閑期、ひとつひとつ手作りのため、あまり数多くは作れません
色の染め上がりにムラがあるなど、個体差もありますがそれがいい味になっています
ボディの芯を作る人、足を作る人、綿を染める人、全て細かい分業体制だそうです

尻尾や羽の一部は、本物の鳥の羽を使っています
黒い羽は鴨の羽、白い羽はニワトリの羽、他のカラーは鶏の白い羽を染めているそうです

他の鳥も作ってみたいです!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.