ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

青葉と音福十三周年

すっかり初夏の日和です
二週間前は満開だったこぶしの白い花
今日は跡形も無く一面の緑になっておりました

P4010474.jpg

P4010472.jpg

モミジの葉も青々と・・・
もう日傘が欲しいです
そろそろ日焼け止めも必須の季節

P4010468.jpg

今日は、お目出度い日です
4月1日は、音福開店記念日
オープンして13周年を迎えました
もう13年なんですね
プレゼントをいただきました
光琳先生手作りの三味線クッキー
4月1日の特典、きょが稽古日でラッキー♡

P4010470.jpg

本日の稽古
・琉球節
琉球節は、手が忙しいのでだんだんバチが上がらなくなってしまう
そうすると、テンポが早くなってしまうのでしっかりバチを上げること
来週もう一度おさらいします

・潮来出島
淡々とした曲でゆっくりなので、ちょっとでもツボを外すと目立ってしまう
私は二の糸の6の坪がいつもちょっと高い
しかも押さえ方が下手でプツン、と切れたような音になってしまう
しっかり爪で押さえてピーーーーンという綺麗な音が出るように
先生と弾いていると、私が雑音を合わせているみたいだ(>_<)

先生が、潮来出島の替え手を弾きます
この替え手はものすごく複雑で、驚きの予想外の音がどんどん入ってくる
つられないようにするのが大変です
先生も、替え手を弾きながら歌えないというくらい替え手は複雑
潮来出島の替え手は、先生も分からないくらい種類があるそうです
三味線の替え手というのは、即興で弾くことが多い
先生の先生(本條秀太郎先生)は、本番直前に替え手を変えるので大変だったそうです
舞台はもちろん、収録でもスタジオ入りしてその雰囲気や天候、時刻、その他、
いろいろなものを感じ取って、その場に合わせて手を変えたといいます
直前にパパッと口で言われるだけだから、
マジか〜?
せっかく練習したのに!
と、心で思ってもやるしかない
弾くのに必死だったそうです
プロの世界は大変

来週は「えんかいな」をやることになりました
私は端唄の定番中の定番シリーズをあまりやっていないので
「潮来出島」「えんかいな」などは新鮮に感じます
いつも新しい楽譜をもらうと嬉しいです
弾けるとか弾けないは別として、またひとつ三味線の世界が広がります

三味線クッキー
食べるのがもったいない

P4010475.jpg

P4010477.jpg

手作りのクッキーって昔から何故こんなに美味しいんだろう?



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.