ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

幸せのお菓子

P2280049.jpg

P2280048.jpg

確かにこれは幸せだ

P2280047.jpg

美しい色に惹かれて即買い
「さぬきのおいり」というお菓子

天正15年(1587年)讃岐国丸亀城主に初代・生駒親正公が任命された。
親正公は領民に親しまれ、良く統治されていた。
やがて姫君のお輿入れが決まったとき、
城下の農民が祝いに五色のあられの煎りものを献上した。
殿は大変お気に召されて褒賞を賜ったそうである。
以来、婚儀の折にはおめでたい贈り物として広く一般に知れ渡った。
「お煎りもの」略して「おいり」となり、讃岐地方には嫁入りの際のお土産として、
披露宴のお膳にもつけられている。
(郷土風習・おいりの栞より)

丸いひなあられだと思って買ったら、薄皮一枚で中は空洞
つまむのが大変なくらい薄い表面

香川県 山下おいり本舗

あまり見かけないタイプの菓子
ご当地の郷土菓子巡りも楽しそうだ



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.