ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

屠蘇

正月と言えばお屠蘇
でも屠蘇ってよく分からないですよね
お酒に「屠蘇散」という生薬や香りの入った粉を入れて香りを移すものです
みりんや砂糖を入れて甘くして飲みます
屠蘇の初体験
甘口の酒ならばそのままでもOK
福島県二本松の人気酒造「ninnk-iichi」でやってみました

↓年末になるとよく売っていましたが、最近滅多に見かけません
ホームセンターで見つけました

P1010005.jpg

↓たとうを開くとありがたい感じになってます

P1010002.jpg

↓匂い袋のようなとてもいい香りがします
(桂皮、山椒、陳皮、桔梗、大茴香、丁子、浜防風)の粉
ティーパックになっていて6〜7時間浸して香りを移すだけ

P1010006.jpg

もともとは御神酒に屠蘇散を入れて無病息災を祈った宮中の行事が、一般に広まったもの
花の香りのようないい香りのお酒になるのだと思います
味見はこれから!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.