ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

我が家の雛祭り

P2236710.jpg

P2236715.jpg

P2236716.jpg

P2236723.jpg

P2236720.jpg

P2246741.jpg

P2246744.jpg

P2246745.jpg

P2236730.jpg

P2236728.jpg

P2246737.jpg

P2246739.jpg

P2246738.jpg

P2246740.jpg

P2236708.jpg

P2236714.jpg

P2236718.jpg

P2236722.jpg

P2246752.jpg

P2246749.jpg

P2236733.jpg

今年はおひな様を3セット+吊し雛を飾りました

「花園雛」
小さな木目込み雛は花園雛という名が付いています
一丁前に十五人揃ってた七段飾りは小さくても圧巻です
箱に詰まっているときからかわいい
一つ一つ細工が細いので、見ていて飽きない
顔が可愛いので気に入っています
五人囃子が特に可愛いです
ひな壇を作るのが大変でしたが、内側は見えないので簡単にセットして簡単にばらせる作り

「有職雛」
少し古いタイプの有職雛が欲しかったので見つけたときは嬉しかったです
色も褪せて、痛みもありますが状態はよいです
小ぶりで飾りやすく、何より顔がよいです
女雛の髪の乱れをかもじを入れて整えました
大抵古いものは、おすべらかしのエッジが重みで下がってきてしまい、
お婆さんのひっつめ髪みたいになっています
下がった両鬢をぐっと耳の横まで持ち上げ、内側にボンドを少し差して固めてあげます
おひな様の腕は多少動くので、檜扇で顔が隠れないよう少し持つ位置を下げると良いです

「秀峰雛」
いつも飾っている、自作の木目込み雛
顔が気に入っています

「ボテキン吊し雛」
小ボテと、うさぎを赤い木綿糸にくくりつけて下げました
小ボテは105匹
小うさは25匹
くくりつけるのは何気にめんどくさいが、針を突き通す気にはなれない
飾るとき絡まると大変だという事が分かった・・・

*************************

おひな様は、いつ出して、いつ仕舞えばいいの?とよく聞かれます
答え:
立春の頃に出して、仕舞うのは節句を過ぎてから好みで良い
飾るのは大変だし、どうせなら長く飾ったほうがいいと思います
雛祭りを旧暦(4月3日)でやる地域は多いですし、
三月三日過ぎたら、直ちに翌日仕舞わなくても大丈夫です
五月の節句まで飾るものがないので、
旅館などでは、正月→雛飾り→五月人形の順で長く飾るところも多いです
長く飾りすぎていると女の子が嫁に行き遅れるという言い伝えを聞きますが、
あまり気にしなくても良いと思います

次によく聞かれるのが、
おひな様の右左はどっち?です
答え:
どちらでも大丈夫
関東はお姫様が正面から見て右、お内裏様は左、
関西はその逆のパターンです
私は見慣れている関東系の飾り方をしています

片付けるのがもったいないので、三月いっぱいくらいは飾ろうと思います
長門の雛あられと、豊島屋の白酒を買いました
桃の花を飾れば完成!!



Copyright (C)************************* Takamori All rights reserved.