ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

富士山金魚*鏡台カバー制作その2

富士山金魚の一階には、二間続きの和室があります
この家のメインの座敷です
このような間取りは、生活様式の変化で日本ではすでに珍しくなりました
古いお屋敷や地方の旧家、古い旅館などで見られるだけです

1F通し間

昔は襖を取り外して、必要に応じて大広間のように使いました
婚礼や法事など、自宅でもてなしたと思われます
欄間や床の間付きの座敷はその家の格を示すもの

この建物にも、襖や障子に凝った細工が施されていました
この家を建てた当時の大工さんたちが腕を振るったのでしょう
富士山金魚はこうした貴重な細工を残してリフォームしてあります

座敷の壁は目の覚めるような群青壁にアレンジ
クール&シュールな雰囲気になっています

各所に見どころがいっぱいです

DSCN6013.jpg

1F和室鏡台カバー

P8094941床柱

一階座敷にも鏡台があります

こちらはスッキリと縞の紬のカバーを

P8094931.jpg

P8094930.jpg

日本間ってとてもかっこいいと思います
日本のデザインの美しさを再確認
世界に自慢できるものです

自分の家を純和風にしたくなりますね

富士山金魚
FUJISANKINGYO accommodation

詳細・予約
エアビーアンドビー



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.