ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

奥まつりアップリケ

布で形を作って、布に縫い付けたい場合

手っ取り早いのはアップリケです
たてまつり縫いの、いわゆるアップリケでは縫い目が表に出てしまいますので、
私は、縫い目が表に出ないように、和裁の絎け(くけ)のように奥まつりします

切り抜いたモチーフを布に縫い付けたい場合
モチーフの型紙を厚紙で作ります
※クリアファイルの切れ端などではなく紙で作ります(後で厚紙ごとアイロンを掛けます)

P7264864.jpg

↓布に写し取る

P7264858.jpg

↓カーブをきれいに出したいとき
縫い代の半分くらいのところを細かくぐし縫いします

P7264859.jpg

↓型紙の厚紙を入れて縫い縮めます

P7264860.jpg

↓一針返して止めます

P7264857.jpg

↓厚紙をつけたままアイロンを掛けます
形を整えて出来上がり

P7264861.jpg

増産中

P7264862.jpg

しずく型がたくさん出来ました

P7264863.jpg

真ん中にアウトラインステッチはいりました

P7264865.jpg

縫い付ける場所決めしているところ

P7264866.jpg

アップリケは基本シャープな表現には向きません
鋭角の角などは無理な場合があります
正円や狂いのない図形も難しいです
その代わりアップリケの部分は布が盛り上がるので、他より目立つこと間違いなしです

大きな面積のものは、ずれないようにしつけをかけます
縫い付ける土台の布が下でたるまないよう、場合によっては大きく十文字などにしつけをかけます
後からアップリケの端2ミリくらいのところをミシンで押さえるとビシッと決まります



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.