ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

クラゲ型枕

枕をとても低いものに変えたら肩の痛みがなくなった、という人の話を聞いて

そうだ、肩や首のコリは枕を変えたら治るかも知れない・・・
私は最近、肩と首のコリがひどいのだ

もともと低い枕を使っているのだが、更に低くしようと思い立った

よく言われるのは、枕に頭部だけを乗せるのではなく首筋まで乗せた方がいいという話
ただし、これをやると肩も枕に乗ってしまい肩が疲れるのだ
よくある、首筋が高くなっていて頭のほうが低くなっている枕も、
肩と首の間に、枕の高い部分が挟まるような格好になってしまい、圧迫感この上ないのだ

低く、柔らかくするだけじゃダメ

首筋をカバーしながらも、肩が枕に乗らないように
肩フリーの形にするには、四角い形じゃ無理

ということで考えた

クラゲ型まくら

P6054554.jpg

出っ張りの部分が首筋を支える
肩は枕に乗っからなくて済む
両肩がストンと落ち、

首すじカバー&肩フリー

寝相の良い私はこれでOK

考えてみれば、何故枕のカタチは未だに四角いのだろう・・・?

まず、今使っている枕の中身を取り出し、中綿を出して半分くらいの厚みにする
(中身は一般的なポリエステル綿だった)
綿をちぎってクラゲ型にして、だいたい良さげな形が決まったら紙に写し取って型紙を作る
シーチングでクラゲ型内袋を作り、綿を詰める
寝そべって頭に当てながら、綿の厚みや高さ、詰め加減を調整
分厚くて心地の悪いところの綿を抜いていくと、さっき用意した綿より更に少なく半分くらいになった

なるほど、低い方がいいというのはこういうことだったのか・・・

首の出っ張りのところは少し高くなっています
綿がズレないように、座布団のように星止め

出っ張りの先の方は、首筋の当たりに段差が出来ないよう、ほぼペチャンコまで低くなっています

これをニトリの、防菌防ダニ枕カバーに入れればOK
枕カバーは四角くても、枕の形状には関係ありませんから

さて、しばらくこれで試してみます



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.