ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

紫の紬完成

紫の花織り風紬がようやく完成しました*^^*
手持ちものをかき集めて・・・

↓完成恒例七緒風並べ



↓前回帯かがりした諸紙布と(単衣に合う帯がこれしかないんですよねぇ・・・)



自分で仕立てるならば、細かいところにもこだわって仕上げることが出来ます。
細かいところまで柄合わせに気をつけました。

↓背中心の柄も丁寧に合わせました



単2枚目で、1枚目よりは、少しは手順が頭に入ったかと思われます。
しかし、1枚目で手こずったところは2枚目でも相変わらず手こずった感じです。
袖の丸み、袖付けの伸ばし、特に広衿の襟先などはまだ難関です。
しかも着物は、その反物の素材、質、柄行き、微妙な幅の違い・・・などによって、
仕立て方の対応が全部違います。
それを見極めながら、スムースに縫ってゆくのは大変です。
自分でやってみて初めて、プロの仕立屋さんはすごいなぁと思います。
着物を作る全国の皆さん、仕立代を値切っている場合じゃありません。。。

次は、絽小紋を縫う予定です。
柔らかもの初挑戦です。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.