ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

三下がり

今日は暑かったですね
梅雨明けみたいなカラッとした晴天
TXの冷房がきつすぎて寒くなりました

本日の稽古

姉こもさのおさらい
パート別に弾きます
下のパートは今日初めて弾きましたが何とかOK出ました
(きっと早く三下がりに行きたい先生)

三味線の調子は主に3種類
・本調子
・二上がり
・三下がり
いよいよ最後の調子、三下がりをやれば一通りの調子を稽古したことになります

三下がりの一曲目は
「ひえつき節」(宮崎県)
椎葉村に伝わる平家落人の悲恋物語
ひえ(稗)をつきながらの作業歌がいつの間にかロマンチックな美しい歌に変遷したそうです
椎葉村の平家祭りは有名です

私にとっては「軽く弾んで」という難しいタイプ

P5234524.jpg

〽︎庭の山椒(さんしゅう)の木 鳴る鈴かけて 鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれよー
鈴の鳴るときゃ 何と言うて出ましょ 駒に水くりょと 言うて出ましょよー

庭のサンシシュユの木に鈴をかけておいて、その鈴が鳴ったら合図だから出てきておくれ
鈴が鳴ったら、家人に何て言って外へ出ればいいでしょう?
ちょっと馬に水をあげてきますからと言って出ましょう

那須大八郎(源氏側)は椎葉村に隠れ住む平家討伐を命ぜられましたが
敵方の平家がもはや戦う意志を捨て、つましく農耕で暮らす姿を見て心を打たれてしまいました
しかも平家側の鶴富姫と恋に落ち、一生ここで暮らす決意をします
しかし所詮は敵同士の恋、成就することはありませんでした
椎葉村には、大八郎と鶴富姫の暮らしたと言われる那須家住宅(国指定重要文化財)が残っています

↓宮崎県椎葉村はすごいとこ
美しい棚田です。まるで天空の棚田、平家が隠れ住みそうです

椎葉村
※画像SOTOday

歌の出だし
「〽︎庭の山椒(さんしゅう)の木〜〜」
この場合の山椒はサンショウではなく、
黄色い花が咲くサンシュユ(ヤマグミの種類)のこと
↓よく庭やお寺などに咲いています

サンシュユ

↓稗付き人形(平家の鶴富姫のイメージ?)

ひえつき人形

ひえつき節は、今までと違って2、8等の坪が出てきます
はっきり言って押さえにくいです
短調、長調でいえば、初めての長調(メジャー)曲
ちょっと沖縄チックというか、大陸系の香りがする曲です
リズムも独特で、休符・間のとり方が難しいです
元は朝鮮系リズムの三拍子が伝わり、邦楽のリズムである2拍子に融合したのだそうです

録画を繰り返し聞いてメロディーを頭にたたき込んでいるところです
次回の稽古(二週間あります)まで頑張ります



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.