ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

HP・ブログリニューアル備忘録

ボテキン木の芽相部屋バナー

ホームページをリニューアルにするにあたり、いろいろなことを検討しました

サイト運営の鍵のひとつに、運営者の更新をしやすくするというのがあります
デザインは制作会社に頼み、内容の更新は自分たちで行うというスタイル、
ブログ形式が元になっているWordpressが主流になってきたのはそのためです
最近はレンタルサーバーとセットになっていて、
ボタン一つでインストールできるというのが流行りです
初心者でもプロのようなサイトがすぐに作れる!とうのが触れ込みです

私もサイトをリニューアルする際、導入しようかと一瞬検討しました
今はFTPでいちいちアップロードしているので、これがなくなれば楽かなと思ったのです
しかし、自由にカスタマイズするには向いていないのでやめました
テンプレートに則ったサイトで済むなら良いのですが、私の場合そうもいきません
そして、導入事例や「初心者の私にも作れました!」というページをさんざん見た結果
Wordpressで作ったのが一目見て分かるようになってしまいました
世の中のサイトの1/4はWordpressで作られていると言われておりますが
そのぶん、どれも似たような作りでワンパターンだとも言えます

私はかな〜り古いDreamweaverを使ってホームページを作っています
すでに最新OSに対応していない古いバージョンなので、
むか〜しの古いMacマシン捨てずに、ホームページ制作専用機として大事に使っています
古いといってもじゅうぶん高機能です
Dreamweaverは基本白紙からグラフィックソフトのように作れます
これに慣れてしまうと、決まったひな形に当てはめていくというやり方は物足りなくなります
コードとデザインを同時に見れるので、
最初は気にせずどんどんデザインのみ考えてレイアウトし、
必要であればコードで微調整、といったやり方のクセがついてしまいました
この自由度の高い操作性に慣れてしまうと、もう他のが使えなくなってしまいます

ですから、無理に新しいソフトを導入してわざわざ習得に時間を掛けるより
じっくりイラストを描き、マークやバナーを作ることを優先したほうがいいと判断しました
サイトのオリジナル性はソフト付属の機能だけでは無理です
すぐに使える!といってテンプレートや画像がいくら用意されていても
それがオリジナルでなければ、絶対人とかぶってしまうでしょう
世の中のサイトの1/4ともなれば、かぶる確率も上がってしまいます

私はいつも、オリジナル性が一番大事だと思っています
たとえそのページがとても初歩的な作りだとしても、
内容や性質をよく表しており好感の持てるページは世の中にたくさんあります

そんなふうにして少しずつ作ってきたのが今のサイトです
サーバーを移行し、ドメイン、SSL設定して、今までよりほんの少しグレードアップ

ホームページを持っている人は、更新はブログ併用でカバーしている人が多いのではないでしょうか
私も、ブログは、中心となるホームページの周辺にあり、
それをフォローし盛り上げるためにあるという位置づけです

FC2の無料ブログは長年使っていました
ブログを10個くらい試した私がFC2を使いやすいと思う理由は
・テンプレートが豊富で比較的カスタマイズもしやすい
・テンプレートを選ぶときサムネール画像が大きくて見やすい
・選んだテンプレートのプレビューがとても早い
・HTMLとCSSのコードをカラーで表示してくれて助かる
・共通SSLに対応している(無料)
などです
・他のブログへ引っ越しできない
・広告がうっとうしい
というのが難です
無料ブログには広告はつきものなので仕方ありませんが、
最近特に管理画面の広告が下品で、更新する度に見せられるのがストレスになってきたので
思い切って広告の出ない有料版にすることにしました
(ただしサービス内とログインページに至るまでの広告は消えません)
(ブログサービスによっては、有料にしてもスマホ広告が消えなかったりするので要注意)
結果、見たくない広告の大部分がなくなりスッキリです

ブログのリニューアルにあたり、
長年使用していた「ボテキンの小部屋」というタイトルは捨てがたく、
考えた結果「ボテキンと木の芽月舍の相部屋」というのにしました(結構気に入っています)
今回も徹底的にカスタマイズです
新しいテンプレートは、サイドメニューのタイトル枠色が、
「木綿のことり」の本の見返し用紙
「サガンGAうすねず(ダイオーペーパープロダクツ)」の色と似ていたので決めました
ちょうど本を作ろうとしていた当時、サガンGAは竹尾見本帳shopで新商品デモ展示されていて、
色のラインナップを見て一目で気に入ったものです

ブログのデザインは、ずっと使っていると飽きてしまうので
気分を変えたくなったら変えています
最近の流行りは二分化しています
・レスポンシブで、おしゃれで凝ったもの
・上の物とは対照的に、シンプルでとにかく表示が速いもの

世の中の嗜好もいろいろ進化しています
傾向としては次には必ず今のものの逆の反動が来るということ
全体的には、無駄な物を廃し実用的でシンプル嗜好になっていくように思います



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.