ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

兜と青松

P4214367.jpg

端午の節句

端午(たんご)とは5月最初の午(うま)の日のこと。
午(ご)という文字が五に通じることなどから、
奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

江戸時代に入り、菖蒲(しょうぶ)が、尚武(しょうぶ)(武を重んじる)
と同じ響きであることから、端午の節句は、尚武の節句の祝いとして、
武家の間で盛んに行われるようになりました。
家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、
一族の繁栄を願う行事となりました。

鎧や兜を飾るのは、武士が身の安全を願って
神社に鎧や兜を奉納したしきたりに由来しているそうです。

P4214366.jpg

すっきりして勇壮な雰囲気の手拭いを飾りました

絵手拭い「兜と青松」 nugoo 鎌倉



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.