ボテキン木の芽相部屋バナー

木の芽月舍の運営者によるブログ

背縫いとぐし仕付け

紫の紬を縫っています。

今回は同じ単でも、略式でない、より丁寧な仕立て方を教わっています。
これまで、脇縫いを開いて絎けるやり方で脇の重なりを減らしスッキリさせる、
揚げのしつけはぐし仕付け・・・など前回の石下結城と違う点があります。

↓背縫いの柄も細かく合わせました。コレ、ちょっとでもずれてると目立ってしまう(T_T)
縦横の柄を合わせなければならないので、結構大変です。
織りの関係でどうしてもずれてきてしまいますが、
衣紋から20cmくらいの所、ひざ裏などの目立つところを優先して柄合わせします。



↓揚げのぐし仕付け(白いぽちぽちと細かいしつけ。)



この紬はしなやかで柔らかいので縫いやすいです。
地縫い糸の絎け目も目立たないので助かります。

同じ単を縫うにしても、柄の関係や反物の幅などによって状況が変わり、
仕立て方の順序や、やり方がひとつひとつ変わってきます。
均一の同じ方法で縫うことは出来ません。
そこが初心者には難易度の高いところです。
スムーズに縫えるようになるには、いろいろな着物を縫い経験を積まないとダメですね。

さぁ、宿題を間違えずにやらなくちゃ!
もう片方の脇縫いと、居敷当ての絎けなど。

暑いけど頑張ります〜



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.