椅子用座布団

PB027892.jpg

PB027893.jpg

飛騨の椅子
付属のウレタンクッションが古くなり処分したので、
新しいのを作っています

椅子の座面が変形なので、キツツキに特注しないと入手できません
ウレタンは新しいうちは良いのですが、
使っているとマチの潰れが目立ってかっこ悪いのです

中身はパンヤにしました
「モチッ」とした感じです
見た目はクッションと座布団の中間のような感じ
座り心地も座布団とクッションの中間のような感じ

これからカバーを作ります
4脚あるから大変です

実用的なものを作るのは苦手です



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ボテキン座布団



長年使用しているボテキン座布団

(参照:ボテキンパラダイスかわら版Vol.2 ボテクッション )
http://botekin.web.fc2.com/1-10/2botekushon.html

中身が古くなったので、このたび新しい綿に詰め替えました

中身はエコな新開発の綿
工場の綿加工の工程で出てしまうくず綿を集め、ポリエステル20%増量したもの
ポリとのブレンド綿はへたりにくく、ボリュームがあります
綿には少々糸くず状の繊維が混じっていますが、使用には全く差し支えありません

ボテキンの座布団が復活しました

ものすごくでかいので、昼寝用にもなります
体長90cm(体長というのか?)

綿については→筑波コットン
http://tsukuba-cotton.jp/index.html
いろいろなマニアックな綿を取り扱いされてます
会津木綿や遠州木綿の寝具や座布団、クッションなど
デッドストックの青梅夜具地を使った布団など



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ワンピース



P6045585.jpg

P6045584.jpg

P6045588.jpg

レトロなデザインのワンピース作りました

こんなワンピース、今どき絶対売ってない形
袖と襟が少女チックな分、襟ぐり広め(特に背中は大きめに開いてます)スカート丈長め、
色は地味(実際はもっとグレーがかっています)

コットン100%、裏も綿だから肌触りよいです



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

グラスアイ

P2163784.jpg

3mmのグラスアイ
ワイヤーを切って、ループを作って使用します



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

中原淳一プリント

中原淳一の復刻プリント布でワンピースを作りました。
大胆な柄と色使いに一目惚れし、昨年に買った生地・・・

昨年と同じ型の色違いです
http://botekinkobeya.blog.fc2.com/blog-entry-351.html

日付が一日違いです
去年もちょうど今頃作っていたんですね
でも、同じ型紙って、作っててつまんないです
次回はまたオリジナルで作らなきゃ・・・

P8155670.jpg

P8155671.jpg



P8155673.jpg

P8155674.jpg

柄は、結構シュールでです
ビビッドでポップな仕上がりになると思いきや、意外にサイケ。
ソーイングのワンピースは柄が命!

P8155667.jpg

P8155669.jpg

P8155668.jpg


↓私が大事にしている1950年代の中原淳一のファッション画集。
この表紙、カッコイイ!!
中原淳一は赤が好きだったのか・・・?

中原淳一デザインのファッションはとても全体のバランスが良いのです。

P8155675.jpg

このファッション画は、単なるイメージ図ではなく、
ダーツの入り方やフレアの形状までとても細かく描いているので
明らかにパターン展開を前提に描き上げたものだと分かります。

近頃の既製服はやたらとユルいシルエットの服ばかりです
作り手が縫製を簡略化して手抜きがありありと出ているようなデザインだし
9号もMサイズもどんどん身幅が大きくなり、大は小を兼ねればいいというような風潮
自分のサイズにフィットした緊張感のある服は手に入りません
それを求めようとすると作るしかないですね!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.