シルバーアクセサリー

お暑ございます・・・
連日の猛暑(T_T;)今年の夏も暑くなりそうな予感です

引きこもっている間に、
シルバーのパーツや天然石ビーズで夏らしいアクセサリーをたくさん作りました

小さなシルバートップ+天然石一粒というスタイルにはまってます


ピアス:アクアマリン
トップ:イルカ+アクアマリン
オーバルのアクアマリンは大きめの14mmです
アクアマリン


ピアス:カイヤナイト
トップ:サカナ+ロンドンブルートパーズ
ブルートパーズは5mmほどですが美しい輝きです
P7155241.jpg


ピアス:姫サンゴ
トップ:ヒトデ+タツノオトシゴ+サンゴ
赤いサンゴはとても小さいです。3mm。
P7155228.jpg


ピアス:シルバー
トップ:タコとターコイズ
ターコイズは6mm、ドロップ型のピアスは見ようによってはタコの頭っぽい
ターコイズに通したTピンの先がつまんないので、蛸の足みたいに丸めてみました
P7155235.jpg


ピアス:バロック&丸玉パールのアシンメトリーピアス
トップ:バンビ+パール
パールは何にでも合います。バンビは15mm
私にしては可愛らしいモチーフですが、子鹿って珍しかったので・・・
P7155231.jpg


ピアス:ラリマー(購入品)
トップ:アマゾナイト6mm+巻き貝+ツバメ
P7155251.jpg


トップ:ホワイトトパーズ+タツノオトシゴ
ドロップ型のトパーズは7mm、ドロップ型は小さくなればなるほどワイヤーが難しいです
P7155242.jpg


こんなのも作ってみました
ピアスのシーグラスは9mm
P7155258.jpg


パーツはどれもとても小さく(石もせいぜい5〜6ミリ)難易度が上がりますが、
次から次へと、あっという間に出来るので気ばらしにちょうど良いです
出かける際はその日の気分でいろいろ組み合わせを変えて遊べます

天然石はカットが施してあるものが好きです
一粒が大きいと値が張りますが
私の場合は、小さいのが一粒あれば済むのでお手頃価格です
シルバーモチーフは、なるべくありふれていないものがオススメ
必ずシルバー925にしましょう
メタルメッキは種類は豊富ですが、とても安っぽいです



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ピアスとブレスレット

P6245079.jpg

ビーズアクセサリーが大ブレイクした時にも
アクセサリー作りには全くはまらなかった私
当時のビーズパーツはどうも安っぽくて
頑張っても手作り感満載になりがちなので敬遠していた

最近は宝石力がアップして美しいパーツも多い
天然石などはピンからキリまでありすぎて迷うほど

アクセサリーのデザイナー曰わく、
ピアスとネックレスを丸っきりお揃いにすると
テレビショッピングみたいでださいのだという
ただし、ピアスとブレスレットならOKなのだそうだ
それを聞いて、ピアスとブレスレットを作ってみた

アクアマリンとトパーズとシルバー
丸カン、Tピン、チェーン、フック、ヒキワ、ダルマ、ワイヤー、
パーツも全てシルバー925だ
比べてみるとやはりメタルメッキとは輝きが全然違う
ポリエステルと絹の差みたいな
アクセサリー作りで肝心なのは素材

ブレスレットは作るのが意外に難しい
はりきって天然石を選んで、頑張って作ってはみたものの
数珠になってしまっている人が多い
ものごとやはりデザインが重要

アクセサリー作りはあっという間に出来上がってしまう
ビーズにピンやワイヤーを通すだけで瞬間出来てしまう
こんな簡単なんだ・・・
物足りないくらいだ

ただしワイヤーのメガネ止めとか、本格的な技は奥が深い



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ワンピース第2弾

レトロなワンピース第2弾完成

2251990.jpg

今度はデザイン、パターンも自分で起こして



一からオリジナルのワンピースが出来上がりました
自分の肘が曲げやすい位置で折り返したり
自分で作るなら細かいところまで好きなように拘れます

2251996.jpg

ちょっとしぼ加工のある柔らかい綿素材に、綿ローンの総裏です
綿だから肌触りが良く着心地はとてもいいです
滑りが悪いかも?と思ったけど、
ストッキング履いてても裾捌きはぜんぜん大丈夫です
静電気も起きません

しかし、プリーツは生地を食います
ひだの重なりをたっぷり取らないとショボくてカッコ悪いし
影ひだで接がなきゃなりません
見頃の円周でひだの数とひだ寸法を割り出さなければなりません
しかも、ひだの方向が前中心から左右対称に重なっていくタイプにしてしまったので
後ろの合わせ目が、後ろ中心でピッタリ重ならなければなりません
やたらめんどくさいことになってしまいました
しかしやり始めてしまったので、もう仕方がありません

2251997.jpg

ロングスカートは裾が肝心です
人間の胴体は円ではありません
楕円形でしかもヒップや腰の張りもあります
そのためスカート丈を一定の寸法にしてしまうと型紙作りはラクですが、
着たときに裾ラインがバラバラになってしまいます
一晩ボディに着せて、床屋のように裾をチョキチョキ
水平を見ながらラインを決めます
ローウエストの切り替え線も、ヒップが下がって見えないよう後ろ上がりにラインを調節

結構めんどくさかったけど、出来は概ね満足かな・・・?
でも、細かいところは、まだまだって感じです



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ピアス三点

ピアス三点

左:「蜘蛛の巣」もしくは「雨傘」もしくは「日立の亀の子マーク的な」
中:「三日月&イニシアル」
右:「プロペラ」もしくは「花」

可愛いパーツを見つけたのでピアスにしてみました。

シェルパーツ:ポワソンドール
メタルパーツ:エルミューゼ



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

海の帯留め

海の淡いブルー
ふつふつとした白い波の泡
ざらざらした砂の色

海の泡

そっくりそのまま写したような、丸い陶器の帯留め。
陶器作家の手作り。

タイル帯留め

というのはウソです。

海で拾った陶器の欠片(?)が面白かったので、台を接着して帯留めにしてみました。
丸い陶器タイルが波に洗われて釉薬が剥げたものかも知れません。

更紗の帯と。

タイルと更紗



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.