次に縫うもの

十日町紬の琉球花織り風の柄です。



写っている筒はラップの芯ではありません〜反物を巻き取る巻棒です〜

測ったら用尺もたっぷりあるし、湯通しも済み。
裏表が分かる生地なのだけれど、一応生地の耳にウラオモテ用の糸印をしてみたら、
白いしろもが意外と目立ちませんでした。
色付きシロモ=イロモ、だと、印付けが楽しくなるなぁ〜
今度はピンクでも買ってみようかなぁ。

縫い糸さえあれば準備万端、すぐ取りかかれるぞー
しかしこの色、立ち寄った手芸屋さんに丁度合う縫い糸がありませんでした。
あーオカダヤに行かなくちゃー。(新宿)
ついでに竹尾にも行くかー。(お茶の水)


制作中の結城の紬単は、襟の剣先の処理と広襟のホックをつければ出来上がりです。
同じものを二回続けて作ると頭に入るかも知れないと思い、次も紬単を縫う予定です。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.