鎖骨パッド

P7275478.jpg

着物を着たときには鳩胸が美しい。

私は鳩胸どころか、胸は真っ平らだし
鎖骨が窪んでいるというか、えぐれていると言ってもよい・・・
浴衣を着たときなぞ、つくづく気になってしまう。

とにかく補正で思いっきり盛らないと、体と襟の間に隙間が出来てしまい、
襟が浮き上がっていつも襟元が決まらないのだ。

補正着という便利なものもあるが、
着るものを増やしたくないし、ものものしいので好きではない。
タオルや手ぬぐいを折り畳んではさんでも余計な重なりが出来るし、
苦肉の策で、V字型の胸布団というのを作って
肌襦袢と長襦袢の間に入れたりしていたが、
時間と共にずり落ちて、着物を脱いだらお腹まで下がってた・・・なんていうことも。

そこでパッドを作って肌襦袢に縫い付けてみた。
これでずり落ちる心配はなし。
荒くとじつけてあるだけなので、洗うときには取りはずして洗う。

写真では分かりませんが、鎖骨部分に厚みを増してあります。
大判なので肩から鎖骨のえぐれ部分を広くカバーします。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.