竺仙 金魚浴衣



金魚柄の綿コーマ浴衣地でございます。
ド金魚〜って感じです。
昔ながらの紺地に染め抜きの金魚、シンプルなデザインに憧れてゲットしました。
金魚ファンとしては見逃せない柄♪
似合うかどうかは別!
縫っていて楽しいかどうかを優先!

名古屋帯のリメイクと平行して、浴衣を縫う準備を始めました。
本日は、柄合わせ&裁ちを終えました。
和裁の裁ちは大変です。洋裁と違って一度裁ってしまうとパーツを取り直すことが出来ません。
先生曰く昔から「三便積もって裁て」と言われているとのこと・・・。

この金魚柄、見た目より意外にリズムが単調で柄あわせがとても大変でした。
大柄なので、大変だとは覚悟していたものの・・・
浴衣の場合、型染めの合わせ目などがありますし、
何しろ水通ししたら12.45mあった反物が12.05mに。40cm縮んだのです。
用尺がギリギリの中で、何度も柄合わせを試した結果、
先生の御指南で、ベストな柄合わせに落ち着きました。

浴衣は、柄合わせが命ですよねぇ・・・。
せっかくの浴衣も、柄合わせが悪いと台無しですものね〜。
先生は以前、柄あわせがうまくいかずどうしても気に入らなくて、胴を切って接いだそうです。
さすが・・・!!

和裁、いよいよ浴衣に初挑戦です。
頑張らねば!!

名古屋帯のリメイクは只今芯地の手直し中。次回で完成します。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.