海島綿の長襦袢その⑤

海島綿の長襦袢は、ほぼ出来上がりです。
(襦袢本体は5回のお稽古で出来ましたo(^▽^)o)

襟が合わさった、掛け衿のあたりを写真に撮ってみました。
洗ったときに、襟の中の重なりがよれてゴロゴロしないように、襟の中央辺りに忍び綴じを入れます。

かけえり

次回、半衿付けをして完成です。

半衿付けっていろいろなやり方があって、どれも決定打を欠いているというか、
みんな半衿付けについては悩んでいるようです。
綺麗に、しかも簡単に付けられる方法をがっつり教わりませんと。

カーブが綺麗に出るという評判なので、初めてバイアス半衿を買ってみた。
「英衿芯(はなぶさえりしん)」。
私はずっと「ひでえりしん」と読んでいた。。。

英衿芯

半衿の芯は硬いので、みんな半衿付けの時には指を刺したりして結構苦労するので、
私も、濡れタオルと絆創膏持参(?)です。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.