海島綿の長襦袢その②

今日はこれから大荒れの天気だという話です。
こちらはだんだん風が強くなってきました・・・

海島綿の長襦袢は、裁ちを終え、揚げ縫い、背縫い、脇縫いが終わりました。
次は、袖付けまわりから脇縫いをぐるっと絎けます。
背縫いの袋縫いも絎けます。私は袋縫いの重なりに間違えて切れ込みを入れてしまったので、
切れ込みをカバーするように、斜めに折り込んで絎けます。
裾部分も折り返して絎けます。

↓写真は、袖付けを開いて、根元を三角に畳み、三角のまわりを絎けたところです。



柄合わせがないので裁ちはとても楽でした。
しかも木綿ということもあり、扱いは絹に比べて気を使わなくて済みます。

頑張って夏まで仕上げないと夏はすぐそこ。。。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.