帯揚げを染めてもらいました



左=帯揚げ、右=色見本の八掛。

白っぽいモノトーンの紬にアクセントカラーのつもりで、
男性用の紬の鉄紺ブルー(勝手に命名)の、この八掛を付けました。
男の人の八掛は女性物には無い深みのある色が揃っています。
出来上がってみると、裾と袖口からちょっとしか色が覗かないのに、
意外にビビッドに色が効いてしまい、
しかも手持ちのものには全然無い系統の色で、組み合わせが難しくなってしまいました。
せっかくこだわって付けたのだから、何か良い方法はないか?

やはり、この色を最大限に生かすことを考えよう・・・。
そこで、全く同じ色で帯揚げを染めてもらうことにしました。
合わせにくい個性的な色を帯揚げにも分散させれば八掛だけ浮かなくて済むし、
着物と帯回りのつながりもうまくいきます。

染めてもらったのは、京都の白生地専門店。
七緒などでお馴染みの、三浦清商店さん http://www.miurasei.jp/

寸分違わない色に、見事に美しく染め上がってまいりました。
変わりしののめという、美しい生地です。
白生地は染めてこそ美しさが引き立つということをまじまじと実感。。。

コーディネートが楽しみになりました。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.