羽織の洗い張り

羽織を解き終わりました。
しかしちょっと気になることが・・・。

さんざん布を触って作業しているうち、何となく手が汚れっぽい感じに。
骨董市などで、古い着物や端切れを触ったあと、ちょっと手を洗いたいあの感じというか、
目には見えない長年の表面の汚れが手に付いている感じ・・・出来ればこれを解消したい。
仕立てる前に洗いたいなぁ・・・

「絹物は水洗いする度に生き返り、もとの張りと光沢を取り戻す最高の素材です。
洗い張りは、水で洗うことによって、糸穴や生地の縮みをなくし、緩んだ生地に張り、
光沢が出ることから着物をよみがえらせることが可能です。」
と、洗い張りの会社のサイトに説明があった。
絹は洗えないと思っている人も多いと思うが、絹の生地自体は水に弱いわけではなかったのだ。

そこで、思い切って自分で洗い張りしてみることに。
洗い張りの仕方や、家でやってみたという人のやり方なども調べてみる。

まず、使わない切れ端で実験。
ビフォーアフターを比べたところ・・・
見た目に布の状態も全く損傷なし。縮んだ様子もなし、色落ちもない。
しかも押し入れにしまいっぱなし臭もかなり取れた。
明らかに手触りがさっぱりしていて、汚れが落ちていること分かる。

ということで洗い張りを実行。もちろん正式なものではなく自己流なんちゃって洗い張りです。
<手順>
・洗面シンクに水を張り、解いた生地を全部、屏風畳みにしてよく浸す。
・エマールを数滴垂らし、そっと押し洗い。
(するとかなり薄汚れた水が出て来た。同時に若干黄色い色素の溶け出し)
・汚れた水を流し、シャワー水を流しながらボディブラシ(天然毛)で生地の縦目に沿って、
 一方方向にブラッシングしながら洗っていく。
・シンクの隣にバケツを置き、送り送り水を切りながらやると良い。
・隣のバケツには洗い終わった生地を、同じく屏風畳み状態にして溜めていく。
・全部終わったら畳んだまま、手に挟んで押して軽く水気を取る。(絶対に絞ってはいけない!)
・床にバスタオルを縦に二つ織りして敷き、上に生地を広げる。(バスタオルは何枚も使います)
・シワや布目が曲がらないよう整えながら、別のタオルで上から叩いたり押しつけたりしながら水を切る。
・板に張るわけではないので、このとき布目を通しながらとにかくぴんと伸ばすこと。
・ハンガーに掛けて部屋干し。(跡が付くので洗濯ばさみで吊して干さない方が良い。)

↓干したところ



数時間置いておくと、かなり乾いてきます。
半乾きのうちに、当て布をしてアイロンの低温度で丁寧にアイロンを掛けます。

↓アイロン熱が引かないうちに、巻き棒に巻き取ります。



洗ったときに黄色い色素が出てきたので、
全く色落ちしてないかというと、そうとは言い切れないが、見た目には全く分からない。
何より全体がサッパリ!!しかも、何となく光沢が増したような気がする・・・。
折り筋もほとんどこれで取れてしまった。
解いた時点では気がつかなかった、折り筋の汚れが取れない部分も見えてきた。
こうしたところは仕立てるときに避ければ良い。

前に一度、古い襦袢を解いて同じようなことをしたときも、良い結果だった。

生地によっては、もちろん素人が手を出さない方が良いものもあると思う。
(私が思うに、絞りとか、しぼの大きいちりめんとか)

これで気持ちよく着られるかも。
頑張ろう!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.