水仙の意匠

春近しですが。。。
とらや「冬篇」の花の和菓子意匠の便箋です。
水仙の白と、椿、梅の紅とのコンビネーションが美しいです。
手前から、千家の翠(せんかのみどり)、花椿、千代のかんざし、梅の花餅、巨勢(こせ)の里。



あまり見かけませんが、和菓子にも水仙のデザインがあったのですね。
冬枯れの落葉樹の足下、茶色の落ち葉の間から、
みずみずしい緑の葉と共にいち早く咲く水仙の花はとても可憐なものです。








Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.