三日月

紫の紬はいよいよ大詰めの襟付けをしています。

襟付けは一番難しい所です。
襟の、表襟と裏襟を一緒に身頃に縫い付けますが、
襟肩あきの部分二カ所を小さな布片で補強します。

↓力布にはいろいろな形がありますが、これは三日月と呼びます。



↓おさらいで一個作ってみました
八分角の小さな羽二重を三角に折り、



↓バイアス部分を延ばしてカーブさせます
(あんまりカーブしてない!アイロンだと上手く出来ませんね〜)



※↑画像は端が切ってありますが、両端は落としません
襟肩あきの印に真ん中の印を合わせ、襟付けの縫い代に縫い付けます。

私は左右で、少し三日月の幅が違ってしまいました。
均等に美しく付けるのは難しいですね!

襟が出来たら、袖を付けて完成です。
もうひと頑張りです〜



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.