いかとり唄

本日の稽古
急に涼しくなり、薄物の上着では寒いくらいです
ついこの前まで夏だったような気がするのに・・・

まずは下津井節のおさらい
注意点
・バチを大きく降ること
・開放弦のハジキは外側に向かって払うように(シャープで鋭い音をさせる)
などなど・・・

そして早くも次の曲の練習
一つの曲をマスターしてOKとなったら次に進むスタイルではなく、
弾き方や楽譜に慣れるために、いろいろな曲を次々とやりながら練習をしていくやり方です

これは神奈川県小坪市の漁師町の唄
以下釣り船の船乗りさんの唄ではなく、子守さんの唄
一日の子守業務を終え、夜に海へ出て一息ついているとき、心情を唄ったもの



フォークソングで赤い鳥もカバーしている、とても情緒的な歌です
アレンジ次第でとても変化がついて素敵な曲になります

これは、その三味線バージョン(初心者用)

PA182445.jpg

リピート、D.C. D.S. ダルセーニョ、1括弧、2括弧、to Coda、
洋楽の楽譜とミックス状態の楽譜
昔聞いたことのある名称がすらりと・・・
ピアノでは、私のレベルじゃこんな複雑な楽譜はあまり出てこなかった
エレクトーンの歌謡曲に出てきたような気がするが、どうやったのか全く覚えていない
楽譜を見るのは苦手で、全部耳で覚えてやっていたので覚えていないのかも知れない
よく、楽譜を見ながら弾きなさいと叱られたものだ
それが出来なかったので、辞めたようなものだ
(だって、耳で覚える方が早いし、耳で聞いたことは楽譜を見なくても弾けるのだ)

どうやら
繰り返しや、ここに戻る、今度はこっち続きが行く、を紙一枚で収めるための苦労
(分かるー!違う意味で)
しかも、邦楽の楽譜のサイズってB5(見開きB4)なんだもんな(余計狭い)

ちなみに紙のサイズってA版とB版がありますが(近頃はAに統一されていることが多い)
Bというのはいわゆる日本サイズで、美濃和紙の全紙に合わせてあるのです
習字、半紙、便箋などがB列に近いのです
日本人の暮らしと日本人のサイズ感に昔からなじんできた大きさなのです
だから、邦楽の楽譜がB列だと言うのもうなずける
A列というのはドイツから入ってきて、最近世界共通になったもの
縦書きをする日本人にとっては、ちょっと縦横比が縦に長いんですよね
アメリカも長年レターサイズという、A4よりちょっと正方形に近い独自のサイズがありました
横書きの英文にしてみても、やはりA4は左右が足りないと感じるのではないでしょうか
(余談)

いかとり唄は、どちらかというと、複雑な楽譜に慣れるための練習なのです
それにしても、「いかつり」と言ったことはあるが「いかとり」と言ったことはあまりない・・・

ところで、今日一つ質問をしたら感心されました
三味線の指運び、4→6へ行く時は(定番)、必ず手は4の位置で人差し指→薬指と行きます
しかし、時々よその音からいきなり6の薬指で、という時があります
問題は、このとき4→6へ行くように、手は4の位置で固定して指だけ6に行ったほうがいいのか?
という質問

まさにその通りで、9→10のときの手順も同じ

子ども科学電話相談コーナーの
「いいところに気がついたね!!」状態に(先生はこのお笑いネタをご存じなのだろうか?)

それをさっき言おうかと思ったんだけど、
それを言うと、余計こんがらかっちゃうかもしれないと思ったのでやめたのだそうだ
言おうとしていることを当てるのは得意なので(そういうことではなく)

でも、これまでいろいろ教えてきた中でこの質問をした人は初めてなんだそうです
先生は、相当に記憶力が良い

今日は帰りに神保町方面に行ってみました
文房堂カフェ

稽古帰りのカフェ6件目
秋になったらモンブラン

PA182439.jpg

秋の日はつるべ落とし

PA182444.jpg

次回の稽古は来月です
いかとりの宿題もございます
頑張ります



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.