新しい楽譜

三味線を弾くときの姿勢が、
どうしても体が右に傾いてきて、
胴を押さえる右腕が体より前に出て流れてしまうので、
三味線を置く位置の修正です

私の場合は、少し胴の位置を体の中央よりに近くして、
胴を押さえる腕も、肘のほうに近づき過ぎていたので直します

とにかく三味線は丸っこくてゴロンゴロンして安定しません
それを抱えやすい位置に、自然に固定して楽に弾けるようになるにはまだまだかかります

私は骨盤が歪んでていて左足が2cmくらい短い
しかも長年の生活習慣と、細かい作業の職業柄、かなりの猫背
まっすぐ座ったつもりでも鏡に映したら歪んでいました
こういう無意識のことが、三味線を構える姿勢に悪影響
これはやばい・・・整体に行った方がいいかも
でも、もしかしたら三味線を続けていれば姿勢が直るかも?!

●本日の注意点
勘所を押さえるとき、次の音を弾こうとして先に手が次に押さえるところへ動いてしまうのはNG
左手と右手のバチの振りは連動しているので、動きは同時でなければなりません
「溜め」といって、動きに時間差があってはいけない
「さくらさくら」は1と4の坪の往復が多くて、実は簡単そうでいて難しいのです
なかなかその往復に正しくついて行けないので、次の音を間違えんとするあまりそうなってしまう
これは意識して直すようにしなければ、変なクセが付いてしまうので要注意です

そして、次回から新しい曲を始めることになりました

「博多子守唄」



子守歌は子守さんが子供を寝かしつけるために唄われますが、
今では芸者さんなどが唄そうです

博多柳町 柳はないが 娘姿は 柳腰 ヨイヨイ

御寮よく聞け 檀那も聞けよ 守に悪さすりゃ 子に当たる ヨイヨイ

うちの御寮さんな がらがら柿よ 見かきゃよけれど 渋ござる ヨイヨイ

家のお父っつぁんな 位がござる 何の位か 酒くらい ヨイヨイ

ねんねしなされ お休みなされ 明けりゃ御殿の鐘が鳴る ヨイヨイ

(歌詞については、下記のような続きの歌詞もありました)

うちの御寮さんの 行儀の悪さ お櫃踏まえて 棚さがし ヨイヨイ

御寮よく聞け 旦那も聞けよ 守りを悪すりゃ 子にあたる ヨイヨイ

うちの御寮さんな 手ききでござる 夜着も布団も 丸洗い ヨイヨイ

うちの御寮さんな 御寮ぶりゃよいが 守りの仕着せは まだできん ヨイヨイ

守り仕着せは できるこたできた 豆のもるよな 浅黄縞 ヨイヨイ

歌もうたいより 仕事もしよる 何が御寮さんの 気に入らぬ ヨイヨイ

博多の町の風情が伝わってくるような唄です
子守が、主人への嫌みや愚痴を面白おかしく子守歌に込めていることが分かります

さくらさくらからするといろいろな音が出てきて、難易度も高くなります
出来るのか・・・?

藤色のつや布巾と、指掛けとピッタリの色
遠州木綿で作った布団(三味線を仕舞うときの胴に敷く布団です)

P9082009.jpg

和の稽古は、小道具なども楽しいです
それを入れる容れ物とか、袋とか・・・
考えているだけでも楽しいです



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.