十三夜

  • Day:2018.10.21 23:36
  • Cat:
今日は天気が良く、片見月にならずに済みました
片見月とは、
中秋の名月(9/24)の十五夜とその後に訪れる十三夜を、
両方とも同じ庭で見るのが良いとされており、
片方しか見ないのは片見月(かたみづき)といい縁起が悪いと言われていた
諸説あるようですが、吉原が客寄せのために始めたのではないかと言われています

DSCN3570.jpg

↓火星(手ぶれ)です
UFOではありません

DSCN3573.jpg

でも、天気が悪かったらどのみち見えないし、
縁起が悪いって言われても・・・

それにしても、寒い
10月ってこんなに寒かったっけ・・・?

DSCN3575.jpg



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

猫目月

  • Day:2018.10.20 23:56
  • Cat:
DSCN3563.jpg

猫は考え事をしてしている。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

火星大接近

  • Day:2018.10.18 21:56
  • Cat:
PA182443.jpg

IMG_0113.jpg

火星大接近

DSCN3555.jpg

しばらくぶりに見た月は、半分より丸くなっていた



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

いかとり唄

本日の稽古
急に涼しくなり、薄物の上着では寒いくらいです
ついこの前まで夏だったような気がするのに・・・

まずは下津井節のおさらい
注意点
・バチを大きく降ること
・開放弦のハジキは外側に向かって払うように(シャープで鋭い音をさせる)
などなど・・・

そして早くも次の曲の練習
一つの曲をマスターしてOKとなったら次に進むスタイルではなく、
弾き方や楽譜に慣れるために、いろいろな曲を次々とやりながら練習をしていくやり方です

これは神奈川県小坪市の漁師町の唄
以下釣り船の船乗りさんの唄ではなく、子守さんの唄
一日の子守業務を終え、夜に海へ出て一息ついているとき、心情を唄ったもの



フォークソングで赤い鳥もカバーしている、とても情緒的な歌です
アレンジ次第でとても変化がついて素敵な曲になります

これは、その三味線バージョン(初心者用)

PA182445.jpg

リピート、D.C. D.S. ダルセーニョ、1括弧、2括弧、to Coda、
洋楽の楽譜とミックス状態の楽譜
昔聞いたことのある名称がすらりと・・・
ピアノでは、私のレベルじゃこんな複雑な楽譜はあまり出てこなかった
エレクトーンの歌謡曲に出てきたような気がするが、どうやったのか全く覚えていない
楽譜を見るのは苦手で、全部耳で覚えてやっていたので覚えていないのかも知れない
よく、楽譜を見ながら弾きなさいと叱られたものだ
それが出来なかったので、辞めたようなものだ
(だって、耳で覚える方が早いし、耳で聞いたことは楽譜を見なくても弾けるのだ)

どうやら
繰り返しや、ここに戻る、今度はこっち続きが行く、を紙一枚で収めるための苦労
(分かるー!違う意味で)
しかも、邦楽の楽譜のサイズってB5(見開きB4)なんだもんな(余計狭い)

ちなみに紙のサイズってA版とB版がありますが(近頃はAに統一されていることが多い)
Bというのはいわゆる日本サイズで、美濃和紙の全紙に合わせてあるのです
習字、半紙、便箋などがB列に近いのです
日本人の暮らしと日本人のサイズ感に昔からなじんできた大きさなのです
だから、邦楽の楽譜がB列だと言うのもうなずける
A列というのはドイツから入ってきて、最近世界共通になったもの
縦書きをする日本人にとっては、ちょっと縦横比が縦に長いんですよね
アメリカも長年レターサイズという、A4よりちょっと正方形に近い独自のサイズがありました
横書きの英文にしてみても、やはりA4は左右が足りないと感じるのではないでしょうか
(余談)

いかとり唄は、どちらかというと、複雑な楽譜に慣れるための練習なのです
それにしても、「いかつり」と言ったことはあるが「いかとり」と言ったことはあまりない・・・

ところで、今日一つ質問をしたら感心されました
三味線の指運び、4→6へ行く時は(定番)、必ず手は4の位置で人差し指→薬指と行きます
しかし、時々よその音からいきなり6の薬指で、という時があります
問題は、このとき4→6へ行くように、手は4の位置で固定して指だけ6に行ったほうがいいのか?
という質問

まさにその通りで、9→10のときの手順も同じ

子ども科学電話相談コーナーの
「いいところに気がついたね!!」状態に(先生はこのお笑いネタをご存じなのだろうか?)

それをさっき言おうかと思ったんだけど、
それを言うと、余計こんがらかっちゃうかもしれないと思ったのでやめたのだそうだ
言おうとしていることを当てるのは得意なので(そういうことではなく)

でも、これまでいろいろ教えてきた中でこの質問をした人は初めてなんだそうです
先生は、相当に記憶力が良い

今日は帰りに神保町方面に行ってみました
文房堂カフェ

稽古帰りのカフェ6件目
秋になったらモンブラン

PA182439.jpg

秋の日はつるべ落とし

PA182444.jpg

次回の稽古は来月です
いかとりの宿題もございます
頑張ります



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

おぼろ月

  • Day:2018.10.13 22:41
  • Cat:
DSCN3536.jpg

しばらくぶりに月見ました

今は雨降ってるようですが・・・



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

笑福亭松喬さんオリジナル一筆箋

夜な夜な・・・

うなるプリンター

PA062387.jpg

笑福亭松喬師匠から、オリジナル一筆箋ご注文いただきました
ほどなく納品

PA102390.jpg

大阪ABCラジオ
毎週日曜 8時10分~8時25分「日曜は松喬日和」ノベルティ
視聴者プレゼントにご使用予定だそうです

非売品です
関西方面の方は是非ラジオを聞いてご応募を!!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

調子笛と三味線の糸

↓小銭入れではありません

PA112410.jpg

↓手裏剣ではありません

PA112411.jpg

↓調子笛というものです

回りの歯車の凸部分を吹くと音が出ます
この音に合わせて三味線の調弦をします

PA112409.jpg

↓左から、一の糸、二の糸、三の糸
三味線の糸です
必殺仕事人の三味線屋の勇次が持ってるのは一の糸ですね



今日の稽古は練習不足で散々でした
先生も呆れたかも知れません・・・

自分でも何がまずいかよく分かっています
次回に向けてリベンジだー!!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

二十四節気「寒露」

キンモクセイが香り、
紫式部の紫の実や、少しずつ色づいてきた柿などに目が行く季節です

それにしても今年は台風の多い秋となりました
台風の当たり年って、定期的に訪れるようです
災害級の台風は勘弁して欲しいものです・・・

ボテキン節気綴り「寒露」

17寒露

夜が長くなり、夜更かしの季節到来・・・!!
秋の夜長が夜長過ぎる日々。


節気綴り


近道はコチラ↓
ボテキン節気綴り目次

どうぞご覧下さい



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

暁月右衛門

  • Day:2018.10.07 04:57
  • Cat:
DSCN3520.jpg

DSCN3526.jpg

DSCN3521.jpg

DSCN3527.jpg

明けていく空に月



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

地球照

  • Day:2018.10.07 03:54
  • Cat:


DSCN3511.jpg

10月7日 深夜三時過ぎの月
肉眼でも地球照くっきり
見惚れます



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

三味線スタンド

三味線を立てて置く、スタンドがあると便利です
一時的に置くのに、三味線を立てかけられるととても重宝します
ちょうど良い、かっこいいスタンドが欲しいものです

↓昔からある、桐で出来たこんなのありますが

RS=^ADBMqSmtatehako55224.jpg

垂直に立てるのはちょっと怖い
天神下を引っかけて支えるというのもちょっと怖い
しかも、ちょっと掃除道具の収納に見えてしまって好きではない・・・(箒とちり取り?)

↓ここはやはり、稽古場でも使っているオーソドックスなタイプが使いやすそう

RS=^ADBTOKwLdWpEueRsXxBcCTrA0TJby0-

そこで、ギター用のスタンドを破格で入手したので、三味線用に改良します
下の受け部分のアームの幅が三味線には広すぎるので、
うりゃーーーーっ!!!
と、手で曲げて狭くします

P9172066.jpg

三味線の胴はとても小さいです
根元は曲がらないので、曲げ具合はこのくらいにします

P9172067.jpg

ネックを支えるゴム部分がやわらかすぎてベタベタするので
このベタベタ回避と、厚みキープのため布を巻きます

P9172068.jpg

まず、キルト用のドミット芯を巻いて厚みを足します

P9172070.jpg

アームの長さに合わせて幅広に切って包むようにします
つなぎ目は糸できちんとかがります
糊などで接着してはいけません(接着剤は極力使わない)

P9172069.jpg

誰でもまず思いつくのは
「リボン状のものをぐるぐる巻き付けて貼ればいい」
ですが、そんなのきれいに出来る訳ありませんので、
面倒でもここはひとつ手をかけて作ります

布をアーム型に縫ってカバーを作ります
アームのカーブを写し取って
直径を測り、円周の寸法を割り出して型紙を作ります

カバーは、滑らない木綿で無難な色にします
カッコ良く古布で・・・と思いがちですが、
古布や色物は色が落ちる場合があるので要注意

P9182071.jpg

カバーを靴下のように履かせます
左右から履かせてつなぎ目はきれいにかがります
うまくいきました

P9192072.jpg

ゴムキャップも、ドミット芯をかぶせてくるみボタンの要領で布をかぶせます
菊花菱の黒の小紋でシンプルに
三味線らしく和風にします

P9192073.jpg

アーム本体にまつり付けます

P9192074.jpg

それでもまだ、竿の受け部分が広すぎます
私のは細棹なので、相当に狭くしないとダメです
そこで、小座布団を作って挟んでみました
アーム部分に縫い付けてあります

着物の八掛のぼかし部分を利用
立てかけた時の角度が垂直に近くなってしまうと安定が悪くなるので、
三つ折り座布団の背の部分だけは薄くします

P9222113.jpg

いい感じ!!
三味線スタンド

三味線のちょっと置きに便利です

P9222111.jpg



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

マイ三味線!!

ついに、自分の三味線を入手しました
胴掛けと音緒を新しくして、なかなか、渋〜い粋な雰囲気に仕上がりました

胴掛けは、腕が当たる三味線の胴の部分に掛けて使います
三味線の個性とオシャレが光る部分

私は、オリジナルの胴掛けを作ってもらいました

「鳥獣戯画」

象牙色の渋ーい月光の下で、鳥獣が遊ぶ図

PA042287.jpg

↓音緒というものです
三味線の底に付けて、糸を結びつける紐です
組紐で不思議な組まれ方をしておりますが
これをほどくと一本の長ーい紐になります

PA042285.jpg

音緒と胴掛け

PA042274.jpg

美しい古代紫
音緒にはとてもたくさん色があります。全色額縁に入れて飾っておきたい・・・

PA042280.jpg

↓鳥獣戯画は、リバーシブルの袋帯の片面です
両面表地は重かったので片面だけの通常の帯に仕立て直してもらいました
その、残った片面、自分で細帯にでもしようとずっと取っておいたものですが・・・
まさか、三味線の胴掛けになるとは

PA042275.jpg

無事に、自分で音緒の差し替えできました
糸の結びつけ方も、テキストや動画などを参考にしながら出来ました

↓ギタースタンドを改良した、三味線スタンドも作ったし
(後ほどご紹介します)
ん〜、こりゃ何だか上手くなったように錯覚するぞ!

PA042286.jpg

いろんな胴掛けがいくつも欲しくなってしまいます
季節によって、気分によって変えたくなります
皆さん、いろいろ付け替えて楽しまれているようです

眺めてニマニマしています



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

田ならし唄

本日はまず、下津井節の練習

先々週に楽譜をもらって、家で予習はしてきたものの、
いきなりすごい早さで引き始める先生
ヤバー
汗たらたら(^_^;)で付いていくのに必死です

指使いの間違っている箇所がありました
だんだん楽譜も略式になっていくので、よくわからないまま弾いてました
人差し指で押さえる番号(Ⅰ)は省略してあります

4から6への打ちも、4を引いた後はバチを付けたまま、
6を打つ瞬間にバチを上げる
左手はなるべく小さく、打つ時は薬指だけで打とうとせず、小指と一緒に手の甲ごと動かす感じに
これがまた難しい・・・

それと、やはり弾く時の姿勢
どうしても楽譜を覗き込もうと前屈みになりがちなので注意
それと、つい勘所を覗き込もうとして左肩が上がって竿が上がりがち
きちんと鏡を見て修正しなければなりません

そして、早くも次の楽譜
「田ならし唄」(宮城県)

春になって田んぼを耕す前の、田ならし(田起こし)をする時に唄われたという唄
どちらかと言うと、わらべ歌に近いそうです
子供達が畦道などで遊びながら歌ったとか

PA042288.jpg

春が来た エーそりゃ 春がきた
こんこん小雨の降る中をエ
こんこん小雨の降る中をエ
(ハア ドッコイドッコイ ドッコイナ)

鶯は エーそりゃ 声がよい
どこで生まれて 声立つエ
どこで生まれて 声立つエ
(ハア ドッコイドッコイ ドッコイナ)

奥山の エーそりゃ 滝ノ沢
滝に打たれて 声が立エ
滝に打たれて 声が立エ
(ハア ドッコイドッコイ ドッコイナ)

岩つつじ エーそりゃ 色がよい
そばの青木コ みな下戸だエ
そばの青木コ みな下戸だエ
(ハア ドッコイドッコイ ドッコイナ)

*****************************
こんこん小雨の降る中を春が来た・・・
雪がだんだんと雨に変わり、春になってきた様子や、
鶯、岩つつじ、青木、滝、豊かな自然に囲まれた風景
これから田んぼが活気づいてくる季節です
春の喜びが唄に満ちています

日本の、子守歌、○○節、わらべ歌、その土地土地に伝わる唄って
まことに奥が深いです

音の移動はあまりないのですが、メロディが流れるように続きます
だんだんと難しくなります

*****************************

ところで、いつも稽古の様子を録音(録画)しているのですが
再生したら、ものすごい変な機械音が唸っており、
えっ?iPhoneが壊れたか?!と思って一瞬焦った・・・
そういえば前の道を道路工事していた
すごい音が入っているものです
iPhoneって、こういう音をけっこう大きく拾います

頑張って予習しなければ!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

朧月

  • Day:2018.10.04 03:03
  • Cat:


IMG_3075.jpg

月出てるじゃん
やられたー



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

下弦やや欠けの月

  • Day:2018.10.03 17:26
  • Cat:
出の月

DSCN3461.jpg

DSCN3466.jpg

DSCN3475.jpg

南中、月を探せ

DSCN3476.jpg

曇り空

DSCN3478.jpg

今後ずっと曇り、明日は雨



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

怒った黒猫の目

  • Day:2018.10.01 23:09
  • Cat:


フゥーーーーーッ!!!

シャーーーーッ



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.