Twitter

P8314955.jpg

iOSをアップデートしたら
Twitterに流れてくるプロモ広告の非表示ボタンが消えていた
しかも表示頻度があまりにも増えている
無料アプリだから広告が出るのは致し方ないが
いちいち不要なものを見せられて不快なことこの上ない
非公式アプリを使えば非表示に出来るらしいが
そこまでしてやりたいものでもないし
見る度に煩わしくてストレスが溜まるのでやめてしまいました

FBでも「一年前の出来事を振り返ってみましょう」と昔の投稿が勝手に出てくる
非表示にすると、「見たくない投稿を表示して申し訳ありませんでした」
ご丁寧に謝りのコメントが出てくる(笑)
自分が一年前に投稿した写真を見たくないものだと決めつけられても
あまりにも尾ひれが付いたおせっかい



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

立待月

民家の屋根の間から昇ってきました
見る見るうちに上がっていきます
煌々として明るいです

20150928月

月に群雲

20150928月2

工事現場とかにある電球

20150928月3



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

原始的タグ感に久しぶりに浸る

P9286420.jpg

ホームページ表紙の超・々マイナーチェンジ
(上記画像とは関係アリマセンm(_ _)m)
表紙コンテンツを整理
これだけのことをするにもかなり面倒くさい時代になりました

Photoshopのイラストをweb用のJpegに変換して
その画像をUSBメモリで右のパソコンから左のパソコンに差し込んで移して
左の古いパソコンからホームページ作成用のソフトを起動して
そこで編集してFTPへアップロードして完了
スクリプトを移すのにもいちいちコードを開いて細かくタグをコピー&ペースト

それに伴い久しぶりにブログのテンプレートを変えようと思ったら
うまくカスタマイズ出来ない
横幅の変更が出来ない
画像サイズが合わなくてレイアウト崩れる
カスタマイズ専用のテンプレートでないと上手く出来ないらしかった
ファビコンもいちいち張り直し・・・
久々に格闘してしまいました
しかし、久しぶりに原始的タグ感に浸る
自分の足で一歩一歩山登りして頂上を制覇したような充実感(^_^;)

近頃は簡単にアップ出来る多機能型ブログやSNSが主流で
FTPを使うアップロードなんてもはや時代遅れかも知れませんが
そうやって一生懸命作ってきたかわら版は何物にも代えられません
アナログ感と真っ白な紙を目の前にしている感はたまらない

ここ数日いろいろなことを試みていましたが
簡単で便利になったといっても
自分のスペースが煩わしい広告だらけになったり
自分のプラットフォームを他人と共有させらりたり
これらは強制的で自分では一切自由に変えられないので
自由と言っておきながら相当に不自由
真っ白い紙がいい人には向きません

周辺はシンプルであった方がいいに決まってますね
周辺はあくまでも何をやりたいかの本筋をバックアップするものでなければなりません



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ホトトギス



毎年楽しみにしているホトトギス
今年も咲いてくれました
これが咲くと秋が来たな〜という気がします



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

月うさぎ

月うさぎという箱を開けると

P9246399.jpg

黄金色の金平糖のススキの原にうさちゃん達が



うさぎ立体的です
可愛いっす

P9246395.jpg

9月はお月見がテーマ

P9246398.jpg

寛永堂干菓子
月うさぎ



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

夕焼けを見物する猫

P9136291.jpg

P9136295.jpg

P9136292.jpg

何か外がピンクっぽいと
窓の外を見やるときれいな夕焼け

外に出てみたら家々の壁も
道路もピンクっぽい
猫も見物している
何となく外がきれいで気持ちが良いというのが
猫にも分かるらしい



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

梅紫蘇ソーダ

20150825ソーダ

カリカリ梅の氷砂糖漬けをもらいました
梅干しみたいに酸っぱくありません
甘酸っぱい梅干し味

ひたひたのシロップの色がきれいなので
ソーダで割ったら思った通りの美しさ
もちろん、紫蘇の葉と一緒にコロンと実も入れて
味も美味*^^*

疲れが取れます



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.