文庫革の巾着バッグ

20140922-1.jpg

20140922-3.jpg

20140922-2.jpg

姫路に来たら絶対行きたかったお店

姫路と言えば文庫革
文庫革おの

巾着型のバッグをゲット
目移りするような品揃え
新幹線の時間ギリギリまで迷ってしまった
今度ゆっくり来たいし選びたいし買いたいし

着物に持つとこんな感じ

PB081992小

雨が降りそうだったので
大島と芳町、つま掛け持参



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol.87姫路ぼんちこ



9月ってこんなに涼しかったっけ・・・?
暑さ寒さも彼岸まで、と毎年言い聞かせていたような気がするけど、
今年は彼岸前から涼しくて助かります・・・

1ヶ月ぶりのかわら版です

ボテキンパラダイスかわら版
Vol.87「姫路ぼんちこ」

何ですか!?ぼんちこって・・・

↓こういうものです

87ぼんちこ

城下町姫路に伝わる姉様人形、ぼんちこさん。
何故かぼんちこさんと呼ばれているそうです。

日本玩具博物館では、途絶えていたぼんちこさんを復刻。
定期的にぼんちこさん作りのワークショップを開き、伝承に取り組んでいます。
姉様ファンとしては見逃せません・・・

↓ぼんちこさんはこちら

http://botekin.web.fc2.com/top.html



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ワンピース第2弾

レトロなワンピース第2弾完成

2251990.jpg

今度はデザイン、パターンも自分で起こして



一からオリジナルのワンピースが出来上がりました
自分の肘が曲げやすい位置で折り返したり
自分で作るなら細かいところまで好きなように拘れます

2251996.jpg

ちょっとしぼ加工のある柔らかい綿素材に、綿ローンの総裏です
綿だから肌触りが良く着心地はとてもいいです
滑りが悪いかも?と思ったけど、
ストッキング履いてても裾捌きはぜんぜん大丈夫です
静電気も起きません

しかし、プリーツは生地を食います
ひだの重なりをたっぷり取らないとショボくてカッコ悪いし
影ひだで接がなきゃなりません
見頃の円周でひだの数とひだ寸法を割り出さなければなりません
しかも、ひだの方向が前中心から左右対称に重なっていくタイプにしてしまったので
後ろの合わせ目が、後ろ中心でピッタリ重ならなければなりません
やたらめんどくさいことになってしまいました
しかしやり始めてしまったので、もう仕方がありません

2251997.jpg

ロングスカートは裾が肝心です
人間の胴体は円ではありません
楕円形でしかもヒップや腰の張りもあります
そのためスカート丈を一定の寸法にしてしまうと型紙作りはラクですが、
着たときに裾ラインがバラバラになってしまいます
一晩ボディに着せて、床屋のように裾をチョキチョキ
水平を見ながらラインを決めます
ローウエストの切り替え線も、ヒップが下がって見えないよう後ろ上がりにラインを調節

結構めんどくさかったけど、出来は概ね満足かな・・・?
でも、細かいところは、まだまだって感じです



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ピアス三点

ピアス三点

左:「蜘蛛の巣」もしくは「雨傘」もしくは「日立の亀の子マーク的な」
中:「三日月&イニシアル」
右:「プロペラ」もしくは「花」

可愛いパーツを見つけたのでピアスにしてみました。

シェルパーツ:ポワソンドール
メタルパーツ:エルミューゼ



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

海の帯留め

海の淡いブルー
ふつふつとした白い波の泡
ざらざらした砂の色

海の泡

そっくりそのまま写したような、丸い陶器の帯留め。
陶器作家の手作り。

タイル帯留め

というのはウソです。

海で拾った陶器の欠片(?)が面白かったので、台を接着して帯留めにしてみました。
丸い陶器タイルが波に洗われて釉薬が剥げたものかも知れません。

更紗の帯と。

タイルと更紗



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.