夕焼け霞




肉眼で見たときは太陽がすごくでかかったのに、写真に撮ったらこんなもん。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

カラフル掛け糸の足袋

持っている足袋の掛け糸の位置を付け替えました。
以前オーダーした足袋が、ジャストのピッタリサイズなのは良いのですが、
洗った直後や、一日中履いた夕方など、足がむくんで結構きつくなってしまいます。
日によっては、爪先や指又がとても痛くなってしまうこともあり・・・
せっかく誂えたのに履かなくなってしまうのはもったいないので、
自分で足袋のこはぜの掛け糸の位置を少し外側に付け替えることにしました。

元はたこ糸がついていますが、全部きれいに取り外します。
足がむくんでいる夕方に履いてみて、新しい掛け糸の位置を標しておきます。
私はたこ糸の代わりに、飾り紐用のアジアンコードを使いました。
アジアンコードは何色もあるので、何も白じゃなくてもいいんじゃない?
ということで6色(写真の他にも紺、白)で作ってみました。



カラフルな足袋が出来上がりましたo(^_^)o
履いてしまうと掛け糸は隠れて全く見えないので、色なんて関係ない。
しかし、見えないところにも色があるというのは楽しみが増えます。
6色もあれば、着物に合わせて選んだり、その日の気分で選んだり・・・

↓こんな風に、下に着るものに合わせて色を選ぶのも一興。


よーく見ると、元の掛け糸が縫い付けてあった痕が残っているのですが、
こんな足下の足袋の内側を覗き込まれることもないので大丈夫でしょう。



オーダー元のお店は、銀座で名のある和装小物の老舗だったのですが、
残念ながら店舗が閉店してしまいました。
(現在、松屋銀座7Fにコーナーあり・ネット販売は継続)

足袋は、特に足の裏の生地の目が詰まって縮みやすいそうです。

それにしても、足袋の生地というのは作る前に水通ししないのだろうか?
浴衣など、洗うことを前提としたものは、生地が縮むので必ず仕立て前に水通しする。
足袋を買うときはいつも「洗うと縮みますから、その分少しゆとりを持って」と言われるし、
せっかく採寸して誂えても、家でまず洗ってから履いてみて下さいと言われるし、
それじゃあ最初の採寸からサイズが変わっちゃうでしょう?
それに、足袋を履いている時の所作は、立つ、座る、正座、跪坐(きざ)等が多く、
足の裏を反らせる動きが多いため、きつくなくフィットさせるには縦方向の寸法が影響する。
だったら、足の裏だけ縦方向にストレッチする生地で作ったら・・・?とかね。
履きやすいよう進化してもらいたいものです。。。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol.55「立てば芍薬」

blog_import_51b652cd75116.jpg
初夏の候、いかがお過ごしでしょうか。

ボテキンパラダイスかわら版Vol.55発行しました。
春と違って初夏らしい、大輪の花が美しい季節です。

Vol.55「立てば芍薬(しゃくやく)」





「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉にあるとおり、
花だけ見ると牡丹とそっくりで区別が付きませんが、やはり花の丈が違います。
あでやかな芍薬をお楽しみ下さい。

http://botekin.web.fc2.com/top.html



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

海島綿の長襦袢その③

海島綿の長襦袢を仕立て中です。
↓脇から袖付け周りをぐるっと絎けます。



↓絎け終わったところです。



↓竪襟付けをしました。



竪襟はこのあと、襟幅の標を付け折り返し本絎けします。絎けがいっぱいです。
和裁では絎けるときは、くけ台という道具を使います。
テーブルに止めて使う簡易式くけ台しか持っていない私は・・・
低くてやりにくいので、高さを延長してみました。



やたら使いやすくなりました。
穴が空いているので高さ調節もできるので、ちょっと便利かも知れない。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

シランとハナショウブ

初夏の陽気となりました。。。
今年は花が賑やかです。

↓こちらはシラン



↓ハナショウブ



たぶんハナショウブ



家には何故か白い花と紫の花が多いのです。(全部いただきものです)



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

スズラン

実家から分けてもらったスズランが増えて、可憐な花を咲かせています。
スズランとはよくいったもので、本当に鈴の音が鳴りそうです。
蝋細工のような花のアップ。







Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol.54「牛島の藤」

blog_import_51b652cd75116.jpg

ボテキンパラダイスかわら版Vol.54発行しました。
Vol.54は、「牛島の藤」

東武野田線に「藤の牛島」という名前の駅があります。
変わった名前だなぁとずーっと思っていたのですが、名前のごとく藤の名所があるのです。
通称牛島の藤<牛島藤花園>には天然記念物の樹齢1200年の藤があり、
藤の花の時期だけ、一年に3週間ほど期間限定でオープンします。
同じ沿線に住んでいながら一度も行ったことがなかったので、初めて訪れてみましたが、
聞いてびっくり、見てびっくり、誰しも、これは一度は見ておいた方が良いと思う藤です。



まだ5〜6分咲きといったところでしたが、この美しさ。





どうぞご覧下さい→http://botekin.web.fc2.com/top.html



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.