寒いですが。。。

今年買って植えたロウバイが次々開花しています。



昨年の台風で倒れたソロの木のあとに何を植えようかとさんざん迷った挙げ句、
花の咲く木がいいと決定したのがロウバイです。
香りも良いし、渋い雰囲気が気に入っています。

花びらが丸いので「満月ロウバイ」。
ロウバイを見に行ったら何種類もあってビックリ。
ロウバイも品種改良でいろいろ進化してた。

まだ60cmくらいの丈なので盆栽みたいですが、枯れないで大きく育って欲しいです。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

水仙の意匠

春近しですが。。。
とらや「冬篇」の花の和菓子意匠の便箋です。
水仙の白と、椿、梅の紅とのコンビネーションが美しいです。
手前から、千家の翠(せんかのみどり)、花椿、千代のかんざし、梅の花餅、巨勢(こせ)の里。



あまり見かけませんが、和菓子にも水仙のデザインがあったのですね。
冬枯れの落葉樹の足下、茶色の落ち葉の間から、
みずみずしい緑の葉と共にいち早く咲く水仙の花はとても可憐なものです。








Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

鳥のレモン絞り器

鳥の形が可愛い、有次の「レモン絞り」
可愛いだけでなく使ったら超使いやすい優れもの





Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol.50「筥迫(はこせこ)」

blog_import_51b652cd75116.jpg

100話目指して発行中のボテキンパラダイスかわら版、
ついに半分の50話までやって来ました。

かわら版Vol.50は、
「筥迫」。

筥迫と書いて〈はこせこ〉と読みます。

本格的な筥迫作りのワークショップに参加して、みっちり筥迫制作してまいりました。
なかなか大変でしたが、思ったより良く出来ました!
出来はともかく、小さなものに思いを込めるという世界は好きなので、
しかも私は箱が好きなので、筥迫にはまりそうです。




どうぞご覧下さい
http://botekin.web.fc2.com/top.html



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

多少しみございますが。。。

かたばみの柄が気に入っていたので、捨てずに取っておいた母のお下がりの古い襦袢。
自分で解き洗いして丸めておいたのは良いが、
折り筋の汚れが取れないし幅がぜんぜん足りないので変え袖にも活用できません。
お細工物くらいにしかなりそうもない・。

おくみと衿を解いた細長い裂を見て、

「腰紐くらいにしかならないなぁ。」



ならば、ということで、試しに腰紐作ってみました。
チョットかわいい腰紐が出来ました。

しかし、紐といえどもきちんと丁寧に作らないと上手くできないものです。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

今日は引きこもって。。。

雪の予報通り、本日は朝から雪が降っています。
春の雪と言うんでしょうか、地面に落ちてもすぐ溶けて積もらないですね。

そう言えば4日は立春でした。
節分(季節を分ける)の次の日が立春とは忙しいものです。
雪が降って寒い中でも木の芽は膨らんでます。
昔の人々は気候ではなく、植物の様子を見て春を判断していたのかも知れません。



つばめ絽小紋はおくみ付けが終わり、身頃が繋がりました。
ようやく着物らしい形に近づきつつあります。
脇縫いから袖付け、居敷当ての絎け、褄下、額縁、裾の三つ折りぐけなどが終わりました。
次はいよいよ衿付けに入ります。
その前に、袖を作っておかなくてはいけません。
袖は最後に付けるのですが、いざ、最後袖を付けようとしたらまだ縫ってなかった!
なんてことがないように、忘れずに・・・



手縫い糸のカード巻きを一枚を使い終わりました。
関西巻き(40m)なので、単を縫うときは二枚分使います。
いつも、色名に関する言葉が出てくるのですが、今回のはこんなのです↓
あまり聞き慣れませんが「もくらんじき」。



↓そして一休みシリーズは、栗皿で栗ぼうろ。
メレンゲのようにサクサクした食感なのかと思ったら、栗風味のしっとり白あん風でした。
ひとつまみ系の、ちいさなお菓子って良いですね。



雪はやんできたみたいです・・・



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol.49「オオマシコ」

blog_import_51b652cd75116.jpg

早くも今日から2月です。
今年もあっという間なんでしょうか・・・

ボテキンパラダイスかわら版Vol.49発行しました

ご存じですか?
聞き慣れない鳥の名前だと思いますが
Vol.49は「オオマシコ」
益子に住んでいるというわけではありません。
大きな鳥というわけではありません。





小鳥にしては珍しい赤色系。
どうぞご覧下さい http://botekin.web.fc2.com/top.html



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.