Welcome to my blog

ボテキンの小部屋

二条若狭屋「不老泉」

4cm×5cmの小箱の中に葛湯が入っています。↓裏はこんな感じ。一箱一箱グリフィン紙で丁寧に包まれています。↓左から、シンプルな葛湯、あずき葛湯、抹茶葛湯。お湯を注ぐと、カワイイ小鳥が二匹浮き上がります。この鳥の形は・・・私は都鳥を象っていると見た!さらさらとした葛湯です。あっさりした甘さでとても美味しいです。二条若狭屋 http://www.kyogashi.info/index.htmCopyright (C)Harue Takamori All rights reserved....

ダブル絎け

お寒ございます。まだ、ところどころに残っている雪を見かけます。。。つばめ絽小紋を縫っています。袖付け周りから脇縫いをぐるっと絎け、居敷当てをつけます。居敷当ての白い羽二重を脇の縫い代に折り込んで一緒に絎けてしまうと、表から折り筋が白く目立ってしまうので、居敷当ては別々に後から絎けます。長距離の絎けがいっぱいで大変です。〜〜(−。−;)↓折込みが重なってゴロゴロするので、脇の縫い代から少し控えて居敷当...

Vol.48「シジュウカラの庭」

あっという間に1月も半ばですね。すっかり風邪を引いてしまい、雪だるまも作れず、雪掻きもせず・・・ボテキンパラダイスかわら版Vol.48発行しました。「シジュウカラの庭」冬の庭は小鳥のパラダイスです。シジュウカラは、スズメの次にお馴染みの小鳥かも知れませんね。どうぞご覧下さい→http://botekin.web.fc2.com/top.htmlCopyright (C)Harue Takamori All rights reserved....

ベンジン初体験

何回か着ているうちに、広衿の折り目に白っぽい汚れが・・・(-_-;)画面中央の枝と葉っぱの間にぼんやり白いスジ。このような汚れが両方の衿に(-_-;)これは明らかに、ファンデと皮脂の汚れ。写真だと分かりづらいですが、濃い色の着物だから目立ちます。襦袢の半衿は全然きれいなのに、私はいつも着物の方の衿周りを汚してしまいます。これしきの汚れで洗いに出す訳にはいかないし、油性の汚れはベンジンで落とせるらしいと聞いては...

針初め

年が明けて、ほんの少し日が長くなって参りました。夕方5時でもうっすらと明るいです。昨年から縫い始めている、つばめ柄絽小紋の続きです。腰から下に居敷当てを付けるので、まずは背縫いに添って綴じつけた所です。居敷当てをつけるのは意外に難しいです。羽二重は薄くて滑るので、裾の三つ折絎けなんかもよじれやすいです。袖付け周りを伸ばし、しつけをしました。袖付け周りは、コテでしっかりと伸ばさないと、つれてしまいま...

花火麩

ケサランパサラン?いいえ、油で揚げると菊花のように開く麩。花火みたいです。揚げる前は櫛の歯みたいに閉じてます。揚げると直径約2cmくらいに広がります。カリカリして食感良いです。京みやげCopyright (C)Harue Takamori All rights reserved....

Vol.47「金沢の迎春菓子」

新年明けましておめでとうございます。本年もボテキンパラダイスかわら版をよろしくお願い申し上げます。2013年Vol.47新年号は・・・見目麗しい、甘〜いお菓子をどうぞ「金沢の迎春菓子」新年にまつわる金沢のお菓子をご紹介しております。今年も和菓子の造形を追求していきたいと思います。http://botekin.web.fc2.com/top.html↓一方こちらは、年始のお持たせ用・喜久屋の上生菓子。上段左より老松、丸竹、雪兎、丹頂鶴、若松、梅香...