Welcome to my blog

ボテキンの小部屋

三日月

紫の紬はいよいよ大詰めの襟付けをしています。襟付けは一番難しい所です。襟の、表襟と裏襟を一緒に身頃に縫い付けますが、襟肩あきの部分二カ所を小さな布片で補強します。↓力布にはいろいろな形がありますが、これは三日月と呼びます。↓おさらいで一個作ってみました八分角の小さな羽二重を三角に折り、↓バイアス部分を延ばしてカーブさせます(あんまりカーブしてない!アイロンだと上手く出来ませんね〜)※↑画像は端が切って...

黒雲に虹

Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved....

Vol.40「檜枝岐歌舞伎」&41「いちめんのそばのはな」

お暑ぅございます・・・暑さ寒さも彼岸までと言いますが、あと一週間ほどの辛抱なんでしょうか???本日も空には積乱雲がもくもくと、しかし雨が降りませーん!ひと雨欲しいですね!ボテキンパラダイスかわら版、2話UPです。Vol.40「檜枝岐歌舞伎」Vol.41「いちめんのそばのはな」福島ネタ続きます。http://botekin.web.fc2.com/top.htmlどうぞご覧下さい。Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved....

袖完成

両袖を縫いました。袖の丸みがいつもうまく行かないのですが・・・ところで、カード巻きの縫い糸を一枚使い切りました。関西のは40m巻きなので、単を縫う場合は2枚買わないと足りなくなります。糸を使い終わったら、色名に関する文章が出て来ました。お洒落なはからい・・・捨てずに取っておきたくなりますね。次回は襟付けです。やっぱり襟は一番大変です。でも、襟が終わったら終わりが見えてきます。。。Copyright (C)Harue Ta...

壽堂干菓子

日中はまだ暑い日々ですが、朝晩はだいぶ涼しくなりました。季節は着実に秋に向かっているようです・・・。人形町、黄金芋で有名な壽堂の干菓子の詰め合わせです。季節感あふれる干菓子、半生菓子が、手のひらサイズの小箱にぎっしり詰まっています。一個一個全部違う柄、しかも、今の微妙な季節を良く表してます。夏の名残を感じさせる品々と、秋の気配を感じさせるものがミックスされてます。↓ぶどう・トウモロコシ・青もみじ・...

紫紬の裾

紫の花織風紬は、身頃、おくみ付けが終わりました。今のところ、大きなしくじりもなく、何とか順調に進んでいます。裾の角をきれいに折りたたみ、額縁のように仕上げます。褄下の額縁の幅は2分、裾の額縁の幅は2分5厘、つまり額縁の角度が90度の半分(45度)ではないので、この微妙な角度を縫って割るのが結構難しいのです。私は微妙に角度が甘くなってしまいました。。。何とかごまかして^^;)しつけをかけた状態。角に引き糸をつ...

正しい入道雲

Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved....

食用ほおずきなるもの

食用ほおずき「姫」という商品名。プチトマトの味に似ている。赤くはならないものらしい。ビタミンA、C、カロチン、イノシトール、栄養価は高いらしい。福島県の道の駅で購入Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved....