浴衣制作開始

竺仙の金魚柄浴衣を作り始めました。

竺仙証書

難関の印付け・・・
パーツの型紙のない考え方で頭がこんがらかって来ます・・・。
中表に合わせて二枚いっぺんに糸印をするとか、慣れないことばかりです。
でも、和裁は無駄が出ないように合理的に出来ています。

印付け背縫い

運針も遅いし、間違えるし、先は長い・・・

今日は見頃を縫い合わせました。
裁った反物が少しずつ縫い合わさり、繋がっていくのは嬉しいです。




Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

羽織を帯に=ついにリメイク完成



↑ビフォー。母のお下がりの羽織です。
高校生の頃、お正月なんかに着せてもらったりしていた懐かしいものです。
でも、私が着るとおしりがやっと隠れるくらいの丈しかありません。
昔ならいざ知らず、大人になった今、しかも長羽織が主流の昨今、ちょっと短すぎてカッコ悪い。
衿の縫い込みが足りなくて丈出しが出来ないし、何とかならないものか・・・?

そうだ、このレトロポップな色柄、コレはもう帯にするしかない!

しかしお店に相談すると、洗い張り・リメイク代の合計で結構なお値段になってしまうことが判明。
それならばいっそのこと自分で出来ないか・・・?
そこで洗い張りも自分でやって、和裁教室で教わりながら挑戦してみました。

↓アフター。
このほどついに完成。
前帯の幅は通常お太鼓の半分ですが、私は少し幅を広くしてみました。



↓試しに手持ちの着物(黄緑色の米沢紬)に乗せてみた・・・。

頂き物で出番のなかった黄緑色の帯締め、これちょうど良い。悪くないかも♪
帯用の生地ではないので、柄がお太鼓の左右やたれ先で切れてしまいますが、
切れ方が左右対称でなくとも、出来てしまえば全く気にならない。



絹物を縫うのは難しかったです。
初心者はまず浴衣から、という意味がよく分かります。
それは浴衣が簡単だからというのではなく、浴衣は木綿なので、
初心者には木綿が縫いやすいという意味なのです。
帯は縫い目も表に出ないし作りは着物より単純なのですが、表裏毛抜き合わせの釣り合いが難易度高いです。
生地も、帯用の生地ではなく羽織用のちりめんでしたので難しいと思いました。

プロの仕立てに出した方がもちろん仕上がりは良いかもしれません。
しかし多少下手でも、自分で作ったという満足感には変えられません。
愛着のある羽織が帯に蘇って、嬉しいです。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol.23「しらこばとカフェ」

blog_import_51b652cd75116.jpg

晩秋の候、いかがお過ごしでしょうか。
肌寒くなるこの季節、あたたかい珈琲などいかがですか?

かわら版Vol.23は
しらこばとカフェでございます。
シラコバとのメイドがお待ちしております。
是非お越し下さい。
http://botekin.web.fc2.com/top.html

23しらこばと



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

江戸っぽいこの形

人形町にある和菓子の老舗の「亀井堂」の菓子、茶つぼ&半月。
牛乳やバターを使わず、粉と卵と砂糖だけで仕上げた瓦煎餅です。
江戸時代から味が変わってないそうです。
形がとてもイイ感じです。この江戸っぽいシンプルで愛嬌のあるデザインがたまりません。



茶つぼは堅めの瓦煎餅。(かなり堅いので、小さく割りながら食べると良いです)
緑の壺部分は抹茶味、茶色の蓋部分は黒蜜味の刷毛引き(砂糖細工)がしてあります。
この、抹茶味と黒蜜味が美味しいのです。
この刷毛引きの伝統を受け継ぐ職人さんは、日本中探してもこの店の二人だけだそうです。

一方、半月はホロッとした柔らかめの瓦煎餅。
白いところは卵の白身に砂糖を入れて泡立てた、いわゆるメレンゲです。

両方とも、とても風味が良いです。
食べても食べても物足りない甘さとは違う、
まさに江戸好みのしっかりとした味と甘さ。美味しい〜



でも、一番惹かれるのはこの形。
これからも、カッコイイ和菓子を見つけたい!


亀井堂 http://www.kameido.ne.jp/



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

うぶけやの裁ちばさみ



人形町にある有名店、創業天明三年(1783年)の老舗の刃物店。
糸切りばさみを購入して以来、その切れ味に感動し、
良く切れる裁ちばさみも欲しいと思っていたのです。

今まで、安物を買ってはすぐ切れなくなり・・・を繰り返して、
紙用や雑用などに下げ渡されたものがいくつあることか。

私は細かいパーツを大量に裁断することが多いので、
刃渡り二寸三分の、通常のサイズより一回り小ぶりなものにしました。
裁ちばさみは結構重いので、長時間大きいのを使っていると結構腕が痛くなるのです。
少し小さめですが軽さを重視。切れ味抜群です。

ついでに糸切りばさみの第二弾も入手。
10年くらい前に買った第一弾は、研ぎに出しています。
いつも刃の同じ所で糸を切るもんだから、ピンポイントで一カ所切れなくなりました。

この切れ味を味わうと、安いものは初めから切れないんだなぁと気づきます。


うぶけや(東都のれん会ホームページ)http://www.norenkai.net/shop/ubukeya/



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

さくらの鼻緒枕

さくらの花びら型の鼻緒枕考案

ちょうど前坪に花びらの切れ込みを差し込めるようにしました。
前坪って、手前に寝ちゃうんですよね〜。
履こうとする度に、前坪を手で起こして鼻緒をギュッと広げたりなんかして・・・

さくらの花びら型がピッタリの良いアイデアでしょう?



紅白でお目出度くしてみました。




桔梗家(練馬区の蕎麦屋)しだれ桜



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol.22「千代紙ボテキン」

blog_import_51b652cd75116.jpg

今日から11月ですね・・・早いものです。
カレンダーもあと2枚になってしまいました・・・
ボテキンパラダイスかわら版発行しました。

Vol.22「○○○ボテキン」

22千代紙ボテキン

ボテキンはボテキンでも、何で出来ているかっていと・・・???
お楽しみに!!

http://botekin.web.fc2.com/top.html



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.