Welcome to my blog

ボテキンの小部屋

鼻緒止め

ヘアゴムを縫い付けた、ボテキン(小ボテ)のカンタン鼻緒止めです。目立ちます。これなら履き物がたくさん並んでいても間違えずに済みそう。ボテキンさん、下足番をヨロシクm(_ _)mCopyright (C)Harue Takamori All rights reserved....

竺仙 金魚浴衣

金魚柄の綿コーマ浴衣地でございます。ド金魚〜って感じです。昔ながらの紺地に染め抜きの金魚、シンプルなデザインに憧れてゲットしました。金魚ファンとしては見逃せない柄♪似合うかどうかは別!縫っていて楽しいかどうかを優先!名古屋帯のリメイクと平行して、浴衣を縫う準備を始めました。本日は、柄合わせ&裁ちを終えました。和裁の裁ちは大変です。洋裁と違って一度裁ってしまうとパーツを取り直すことが出来ません。先生...

Vol.21「アンティーク着物・大虫干し大会」

秋の日和、さわやかな日が続きます。ボテキンパラダイスVol.21発行しました「アンティーク着物・大虫干し会」須坂クラシック美術館にてhttp://botekin.web.fc2.com/top.html 去る10月9日・10日の二日間、須坂クラシック美術館で銘仙アンティーク着物の虫干し会が行われました。年2回、アンティーク着物が一同に見られる貴重な機会。この日を楽しみに取材してまいりました。是非ご覧下さい。Copyright (C)Harue Takamori All rights...

和裁台

和裁をするときの机は、細長い座卓形式の台が便利。デザインワーク用のデスクしかなくて、帯のリメイクを縫うだけでもとても不便だった。するする滑って、重みで端から下にずり落ちて、全部下に落っこちてしまう。寸法を測ったりするのに全部広げられないので、床に広げて測るしかない・・・。これではやりにくすぎる!!道具が不便だったりして肝心の仕事がはかどらない環境は大嫌いだ!!ということで、ついに、和裁台をゲット。...

芯入れ

帯芯を帯地に入れました。これでようやく名古屋帯の形状に。帯のたれ先です。返し口の綴じ、お太鼓の開き部分の内側の綴じ、かんぬき止めなどが残っていますが、ほぼ完成に近くなってきました。もう少しです。Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved....

Vol.20「曼珠沙華の森」

かわら版ご無沙汰しておりました・・・Vol.20発行しました!!どうぞお越しください→http://botekin.web.fc2.com/↓内容はこんな感じです。主役は曼珠沙華。赤一色の怪しい世界。どうぞご覧下さい。Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved....