帯芯&みすや針

帯芯を、表地の縫い代に綴じつけます。
帯地と芯の合体の準備。
何となく、名古屋帯の形状になってきました・・・
お太鼓部分の、芯と表地の釣り合いが重要なのです。
絹地の難易度をつくづく実感です・・・。

コテの正しい使い方。
「先端をわずかに浮かせ気味にして、折り目を誘導しながら、
コテの腹の方で、しっかり強い力で押しながら当てていく。」
ワタシはコテの先端だけに一生懸命力を入れて、しかも後退しながら当てておりました。
これじゃ掛からないの当たり前・・・
早く要領をマスターしなければ。。。



↓そしてこちらは、京都みすやの和裁用待ち針です。
ガラス製でとても美しいです。渋めの色使いが素敵でしょう?
待ち針なんて、あまり気にしてなかったのですが、和裁には長い待ち針が必要なのです。



待ち針準備OK!帯作りには待ち針をたくさん使います。
さぁ、頑張るぞ!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

足袋を手作り

自分の好きな柄の柄足袋が欲しいと思うことありますよね。
市販のって、いかにも和柄です〜みたいにすごく派手だったり、
手ぬぐいっぽかったりするので。

そこで、気に入った柄で作ってみることにしました。

↓まずは、こはぜセットです。
こはぜは滅多に売ってない代物ですが、新宿オカダヤにて入手。
足袋の型紙キットもあります。手縫いで作れます。

こはぜは、古くなった足袋から取ってもよいですね。
私は、弓道の練習で汚れて履けなくなったのを取ってストックしてあります。



↓ちょっと可愛かったので、リネンのプリント地で作ってみました。(くま柄)
作り方はそんなに難しくないですが、表布と裏布の重ね方とかちょっと複雑です。
出来上がってる足袋とにらめっこして、構造をよく確認しながら作ると良いです。



↓こちらは昨年、行田市の「足袋と暮らしの博物館」で、マイ足袋作り体験で制作したもの。
生地持ち込みで足袋の制作体験が出来ます。(私は銘仙の端切れを持ち込み。)
足袋用の専用ミシンを使用しての体験です。



ミシン使用は、もちろん複雑な工程は素人には無理なので、
ベテランの職人さんの指導を受けながら、直線などの簡単な部分を体験できます。
足袋作りは工程ごとに専用の機械があり、ほとんどの行程で機械操作の体験が出来ます。
とても興味深いです。

昔、実際使われていた印刷ラベルのデッドストックの中から好きなのを選び、
ちゃんと商品のパッケージのように仕上げさせてくれます。(ウレシイ♪)

「やっぱり絹はいいねぇ〜」と職人さんのお褒めにあずかりました。
(別に、絹地を褒められているのであって^^;)

足袋の包装の仕方は二通りあって、写真のは二枚重ねてコンパクトに畳むタイプ。
もう一つは、二枚を広げて並べるタイプ。
たまたま私が選んだラベルが重ねタイプのラベルだったのですが、
「オレはこっちの方が好きだなぁ。昔はこっちだったんだよ。広げてあるのはアジの開きみてぇだから。」

・・・もみあげも凛々しい足袋職人のおじさんのセリフでした。

足袋と暮らしの博物館
マイ足袋作り体験は要予約です。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

手作り針山

針山って、いろいろ針使ってるとすぐ一杯になってしまう。
一度使用した針というものはしまいにくい。
紙包みの銀紙にくるまれた新品の針パックに戻すわけにもいかないし。
一回使うと針山に刺したままになるし、待ち針もけっこう使うので、針だらけになってしまう。
使いやすい針山はないかなぁ?と思っても、市販のではなかなか気にいったのがない。
フェルトの四角いのとか、手首につける丸いのとか、そういうのばっかり・・・

針山というものは昔からほとんど進化していないようだ・・・

ということで、裁縫箱に収まりやすいよう、
思い切って大きくて細長いのを作ってみた。長さは15cmくらい。
↓表地は持っていた端切れから。帯か何かの厚手の織物のようです。



↓裏はレトロなモスリンです。厚紙を巻いて縫い付けた。



↓まち針と、縫い針を何気にエリア分けして刺せます。



中身は白ゴマ100%です。少しでも針が錆びないようにと思い・・・
針山の中身は油分を含んだものがよいとされ、コーヒーかすや人毛とか、
羊毛など・・・と言われますが、
コーヒーかすは酸化すると臭いし、人毛なんてこんなにたくさん集められないし、
羊毛はフワフワして刺し心地がいまひとつだし、結局ゴマにしてみました。
ゴマは大好きだから香ばしい香りがGoodです。

<作り方>
シーチングで好みの大きさの内袋を作ってゴマ(摺っていないもの)をギッシリ詰め込みます。
トントン叩いたり、机にギュウギュウ押しつけたりして、袋の中に隙間が出来ないようにします。
硬く詰めて形が整ったら、内袋の口を閉じます。
後はお好みの表布をかぶせてくるみ、(針を刺したときに穴が目立たない生地が良いです)
底部分は、荒く糸を渡して止めておきます。
裏側に針先が貫通しないよう硬い厚紙などでくるんだ底布を丁寧に縫い付けます。
(※注意:針と糸の愛好者は、ボンドなどで貼り付けないようにしましょう〜。)

ゴマはスーパーで1パック98円とかで売ってるときがありますので、
見逃さないようにね!

重厚感のある刺し心地、重々しくしっかり針を受け止める感触がなかなか良いです。
お気に入りの使いやすい道具だと、針仕事も楽しい。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

三日月寝

玄関で三日月寝の猫

blog_import_51b6532147d9b.jpg

玄関で三日月寝の猫ややアップ

blog_import_51b653232452f.jpg



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol.19「吐月峰柴屋寺(とげっぽうさいおくじ)」

blog_import_51b652cd75116.jpg

9月に入って早くも半ばを過ぎ、夜空に月がきれいな時節となりました。
さて、そんな名月の季節にちなんで・・・

最新号Vol.19号は、
東海道丸子宿「吐月峰柴屋寺(とげっぽうさいおくじ)」です。

月の名勝として有名な静岡県丸子宿のお寺です。
月が出るのを何時間も前から待ち、
その間延々お茶会をしたり歌を詠んだり・・・
そんな風流な文化人サロンのお話。

前回の中山道に続き、今回は東海道。街道シリーズでございます。

どうぞご覧下さい。

http://botekin.web.fc2.com/top.html





Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

金魚の根付け

銀細工の金魚の根付けです。
どうです、コレ、かわいいでしょ(^_^)
金魚の身長(口から尾ひれまで)1.5cmくらいでとっても小っちゃいのです。
ちょっととぼけた顔がボテキン好み♪
江戸飾りかんざしの技術を受け継ぐ職人さんが作った逸品です。。



↓たまたま持っていたマーブルピンクの根付け棒(帯飾り用のプレート)がピッタリ。



帯飾り初ゲットです。
落っことさないように大事に使います。

あ、箱も可愛いのです。手抜いてません。
私の場合、箱は肝心な点です。点高し。






Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

羽織を名古屋帯に-印付け-

反物状態になった羽織の布を縫って接ぎました。
帯用の反物ではないので、当然接ぎ合わせなければなりません。
胴に巻く部分で、隠れる所を計算して接ぎ合わせます。

↓縫い代は、和裁ではキセをかけて片側に倒すことが多いですが、
この場合は例外的に縫い代を割ってコテを当てておきます。
(わっすごいモアレ)



↓お太鼓裏布とお太鼓表布を中表にして縫い合わせるための印付けです。



へらを使ったことは一度もないので、へら付けの線が頼りなくてつい心配になります。
平たい粉のチャコで線を引くのすら一苦労です。失敗して何十にも線が重なってしまいます。
線が見えにくい場合は、糸で糸印をつけます。
角や、印が交差する場所は、丁寧に十字に印を付けます。
いつも布で何か作る時は、絶対に線が消えないように目立つ色のペンタイプのチャコペンで、
くっきり縫う線を引いてしまいます。そしてあとから消しペンで消します。

和裁は直線が多いので、最低限の印だけで良いのですね。
しかもその最低限の印を見当にして、スムースに縫っていかなければならない。

竹の物差しのエッジが直角に切ってあるのが、最初は違和感があったのだが、
へらを垂直に当てるためにこうなっているのだ、とか、
昔からある、床に置く平べったい四角いアイロン台は、
ワイシャツにアイロンをかけるのは超かけにくいが、
和裁では、逆に椅子に座って掛ける西洋式のアイロン台では、布がだらーんと床に垂れ下がって
引っ張られて、全然用をなさないということも分かった。

道具一つとっても、こうしたものは、そもそも日本のやり方にかなっていたというか、
そもそも日本の生活様式に添ったものだった・・・。
奥が深いです。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

羽織の洗い張り

羽織を解き終わりました。
しかしちょっと気になることが・・・。

さんざん布を触って作業しているうち、何となく手が汚れっぽい感じに。
骨董市などで、古い着物や端切れを触ったあと、ちょっと手を洗いたいあの感じというか、
目には見えない長年の表面の汚れが手に付いている感じ・・・出来ればこれを解消したい。
仕立てる前に洗いたいなぁ・・・

「絹物は水洗いする度に生き返り、もとの張りと光沢を取り戻す最高の素材です。
洗い張りは、水で洗うことによって、糸穴や生地の縮みをなくし、緩んだ生地に張り、
光沢が出ることから着物をよみがえらせることが可能です。」
と、洗い張りの会社のサイトに説明があった。
絹は洗えないと思っている人も多いと思うが、絹の生地自体は水に弱いわけではなかったのだ。

そこで、思い切って自分で洗い張りしてみることに。
洗い張りの仕方や、家でやってみたという人のやり方なども調べてみる。

まず、使わない切れ端で実験。
ビフォーアフターを比べたところ・・・
見た目に布の状態も全く損傷なし。縮んだ様子もなし、色落ちもない。
しかも押し入れにしまいっぱなし臭もかなり取れた。
明らかに手触りがさっぱりしていて、汚れが落ちていること分かる。

ということで洗い張りを実行。もちろん正式なものではなく自己流なんちゃって洗い張りです。
<手順>
・洗面シンクに水を張り、解いた生地を全部、屏風畳みにしてよく浸す。
・エマールを数滴垂らし、そっと押し洗い。
(するとかなり薄汚れた水が出て来た。同時に若干黄色い色素の溶け出し)
・汚れた水を流し、シャワー水を流しながらボディブラシ(天然毛)で生地の縦目に沿って、
 一方方向にブラッシングしながら洗っていく。
・シンクの隣にバケツを置き、送り送り水を切りながらやると良い。
・隣のバケツには洗い終わった生地を、同じく屏風畳み状態にして溜めていく。
・全部終わったら畳んだまま、手に挟んで押して軽く水気を取る。(絶対に絞ってはいけない!)
・床にバスタオルを縦に二つ織りして敷き、上に生地を広げる。(バスタオルは何枚も使います)
・シワや布目が曲がらないよう整えながら、別のタオルで上から叩いたり押しつけたりしながら水を切る。
・板に張るわけではないので、このとき布目を通しながらとにかくぴんと伸ばすこと。
・ハンガーに掛けて部屋干し。(跡が付くので洗濯ばさみで吊して干さない方が良い。)

↓干したところ



数時間置いておくと、かなり乾いてきます。
半乾きのうちに、当て布をしてアイロンの低温度で丁寧にアイロンを掛けます。

↓アイロン熱が引かないうちに、巻き棒に巻き取ります。



洗ったときに黄色い色素が出てきたので、
全く色落ちしてないかというと、そうとは言い切れないが、見た目には全く分からない。
何より全体がサッパリ!!しかも、何となく光沢が増したような気がする・・・。
折り筋もほとんどこれで取れてしまった。
解いた時点では気がつかなかった、折り筋の汚れが取れない部分も見えてきた。
こうしたところは仕立てるときに避ければ良い。

前に一度、古い襦袢を解いて同じようなことをしたときも、良い結果だった。

生地によっては、もちろん素人が手を出さない方が良いものもあると思う。
(私が思うに、絞りとか、しぼの大きいちりめんとか)

これで気持ちよく着られるかも。
頑張ろう!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.