羽織の解き

羽織の解きの続きです。

布に傷をつけないよう、慎重に解いております。
なかなか大変です。・・・解くのも要領あるんだろうなぁ、順番とか。
仕立て上がりの着物のしつけを取るのとはワケが違う(^^;)

私は、自分の作品はほとんど半返し縫いか、時には全返し縫いです。
立体作品は中表に縫い合わせて表に返し、中にとても固くきっちりと綿を詰めるので、
縫い目が開いて来ないよう、どんなに大きいものでもしっかりと半返し縫いします。
運針はほとんど使ったことがありません。
そのため、並縫いは何だか縫い目が頼りないというイメージがあったのですが、
とんだ思い違いでございました。

羽織を解いて初めて分かりましたが、
運針を中心とした、着物の縫い方の合理的なことと言ったらないです。
縫い始めや縫い終わりなどを何針か半返し縫いすれば、端からほつれることはありません。
そして、着ていて力のかかるところをちゃんと計算した、補強した縫い方がしてあります。
あとは並縫いでもOKなのです。

↓裾部分に挟み込まれていた羽二重。
折り返した裾がぺったんこで貧相にならないよう、ふくらみを出すために入れてある。
このごく薄い一枚の布で効果を出すなんて究極の引き算の美学。あなどれない。



↓あき止まりなどの裏側。小さく切った共布で補強してあります。
きっちり糸が結ばれていて、解くの容易ではありません。



↓襟肩空きの、力のかかるところに補強で使う力布。
くるっとひねってある力布は初めて見ました。
てるてる坊主みたいでちょっと可愛い。



いろいろなことに感心しながら、解いております。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

羽織を名古屋帯に

「着ない羽織を名古屋帯に仕立て直す」

古い羽織があり(母のお下がり)ずっと保管していた。
私が着ると、おしりがやっと隠れるくらいの丈しかない。
昔は茶羽織といって、短い羽織も着られていたらしいが、
長めの羽織が主流の昨今、ちょっと恥ずかしいし、
裄も短くて、着物の振りがすごくはみ出してしまう。



柄のアップはこんな感じ。



よく、羽織を名古屋帯に仕立て直すと良いと聞くので、
お店で見積もってもらったところ、仕立て直しを頼むと結構な金額がかかってしまうことが判明。
私としてはお下がりを生かしたいし、色柄も気に入っている。
よく見ればポップな柄で、こんなの今時見たことないというレトロな代物だ。
愛着のあるものなので、自分で直せないかなぁ・・・と、一年くらい悩んだ結果、
好きなものから始められるという和裁教室の情報を入手し、
今日は、その相談&見学にお伺いした。

襖を開けると、かけはりやくけ台を使って制作している人々の姿が目に入る。
こぢんまりとした和室の一室で、着物や浴衣をしずしずと作っている感じ、
和の世界はいいな〜と、つくづく思ってしまう。

先生は全体をササッとチェックした後、襟の厚みを手で確かめ、
丈と裄は出せるが襟の縫い込みがないので寸法直しは無理だとおっしゃった。
・・・さすがだ・・・私なんぞは触ってもよく分からなかった・・・。
そこでやはり羽織として着るのは諦めて名古屋帯に仕立て直すことに決定。

何度か着用したと思われるがほとんど汚れていないので、洗い張りなどは頼まずこのまま作り始めることに。

早速、襟の解きから始めてみる。
先生が襟をちょっと切りほどき、布を引っ張ると縫い糸がプチプチとすぐに切れ、
やはり糸がもろくなっていることが分かる。
羽織の襟は、反物の一幅を使ってあるとのこと。
複雑に折りたたんであり、先生も最初は紙を折りたたんだものをノートに貼って覚えたのだとか。
襟をほどき終わると、ご覧の通りに一幅。



筋消しやコテの当て方も詳しく教えていただいた。
こんなことは、市販の和裁の本にはまず載っていない。
帯芯の下ごしらえ(というか事前処理)の仕方なども教わり、
早速次回までにほどいて、出来そうだったら目を通して接いでくることになった。


ついに念願の和裁の第一歩。
果たして・・・?


↓和裁塾 縁会




Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

半襟

友禅染め体験の半襟でございます。
半年寝かせておりました。
絽襟の季節が終わったら、付け替えてみよう。
今年こそ、デビューさせなければ・・・。

宝づくしという柄です。

いろいろな柄があって選べるようになっていますが、
一番難しい柄を選んでしまったらしい・・・
確かに、花模様なんかだとお花のぼかしが中心になるのですが、
これは塗り絵みたいに、塗るカ所が一杯あって色の組み合わせが大変でした。
濃い紫や、黒系の着物に合うような感じにしたつもり。



先生の話によると、赤や朱は着物らしいが、
実際コーディネートしやすいのは紫系なのだとか。
明度や彩度を考えて、色とりどりになりすぎないよう、
全体がぼやけないよう、引き締まる色などを差すのにはかなりコツが要ります。



東京手描友禅工房 協美
http://www.yu-zen.net/

(友禅体験教室は年2回ほど行われています)



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

デボン紀の帯留め

一見、何かの石の帯留めかと思いきや・・・



見て見て♪よく見ると真ん中にアンモナイト。
実はコレ、アンモナイトの化石なんです。
<デボン紀(約3億8千年前)トルコ・エルフッド産>



こんな小っちゃいアンモナイトの化石なら可愛いじゃないか!
これはもう、自分サイズの帯留めのモチーフにピッタリ(横サイズ約3cm)!
平べったくて金具もつけやすかった。

背景は、野産蚕の袋帯。
古代ロマン溢れるコーディネート。
さりげな〜く使えそうな、話が盛り上がりそ〜な帯留めが誕生しました。

この秋、お供につれて歩くぞ!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

帯留め金具向上委員会

ブローチなどのパーツで帯留めを手作りしたいときがある。
しかし、市販の帯留め金具は種類があまりない上、小さいものがないのだ。
下の写真の、この緑のもみじだか楓のモチーフ。
実はコレ、カナダ土産の石のバッジなのだが、
どうみても夏の季語の青もみじか、青楓。
しかも大きさがちょうど良いので、ぜひ帯留めにと取っておいたもの。
ただし、市販品で見つけた一番小さいタイプの、隣の丸いのを使ったとしても、
葉っぱの切れ目から、台座がはみ出してしまう。
何かいい手はないものか・・・?
そこで。
大きすぎる金具の土台を金ノコで切ってみたら、簡単に切れることが分かった。
で、切ってみたのが、もみじの下の二つの金具。



ご覧の通りにうまく切れ目を避けながら、
ループ部分の金具を接着。



これで、かなり小さいパーツの帯留めも手作り可能になった♪

私は、大きい帯留めが似合わないのだ。
帯留めしてますっ!って感じの大げさなのも似合わない。
売っているものは、さりげない感じのものがなかなかない。
だから、欲しいものは気に入ったモチーフでの手作りが必須。

アクセサリーにはほとんど興味がなかったのだが、帯留めは別腹。

帯留めの金具も、金属でなくても紐のようなループで良いのではないかと思ったりしたが、
三分紐を通した時、帯留めの重みで垂れ下がったり、前に傾いてしまうので、
やはり金属のしっかりした土台が必要なのだ。
それに、帯締めをした上からクリップで留めるものもあるが、
帯周りというのは、自分の動作で手が触れたり袂がこすったりするので、
何かの拍子にとれて落としたら悲しい。
クリップのギザギザが帯締めを傷めたらイヤだし・・・

ということで、金具一つにも奥が深いものがある。

これからもっと自作の帯留めを増やしていくぞ♪



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

Vol17「静岡姉さま」

blog_import_51b652cd75116.jpg

暑い日が続いています。
暦の上では秋なんですが。

ボテキンパラダイスかわら版Vol.17発行しました。
http://botekin.web.fc2.com/top.html

Vol.17は「静岡姉さま」特集です。
曽根家四代目・鈴木ますさんを取材。

それから、姉様人形のページを作りました。
小さい頃から秘かに姉さまファンなので・・・





Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

銀座結び用の板枕

銀座結びの時は帯枕がいらない、帯枕の紐が一本ないと楽だし、
枕を背負わないだけ夏は涼しいという話は聞くのだが、
先日私が初めて銀座結びをしたところ・・・

スカスカの軽い夏帯なので何とかごまかしたが、
帯揚げ一本だけで帯をしっかり支えるのはちょっと厳しいと思った。
帯山を支えるには帯揚げをギュッと結んで落ちないようにしなきゃいけないし、
これでは、帯揚げがふんわり結べなくて美しくない。

世の中には銀座結び用の板枕(いたまくら)というものがあるらしく、
厚紙を折りたたんで腰紐に入れた、簡単板枕の作り方というのが、七緒に出ていた。
お太鼓の時に使っても良いそうだ。
しかし、腰紐じゃ食い込みそうだし、もう少しちゃんと作りたい・・・

そこで、まずは固くて使っていない衿芯を芯にして、
(ちょうど湾曲していてイイ感じ)



麻の残り布を厚く巻いて、両端を綴じ付ける。



木綿ちりめんをピッタリと巻き付けて端をきれいにかがる。
針と糸を持つ者は、糊やボンドなどは使ってはいけない。







普通の帯枕と同じようにガーゼ晒しでくるみ、出来上がり。





お揃いの柄の帯枕と板枕。
帯枕の方は、布をくるんでリメイクしました。(昔のだから小さめ)
これで、銀座結びが上手く出来ると良いのだが・・・
目指せ、着付け美人!!



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

腰紐を短くする大会



裾よけ3枚の紐、腰紐5本、両端20cmくらい切って短くしました。
これで紐先をからげた端がぐるっと背中まで回らなくて済む。
紐8本、計16カ所いっぺんにやるのはめんどくさかったけど、
房をつけて出来上がり。針仕事は楽しいです〜。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

ブログ移転

blog_import_51b652cbe0b9f.png


ブログ移転しました。

ボテキンパラダイスかわら版の更新のお知らせや、
自分の好きな世界の日々諸々を綴ってまいります。

宜しくお願いします。



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.