稽古日記

台風が海側に逸れ、警報も朝の時点で全て解除になったので、
通常通りの稽古に行くことが出来ました
外へ出るとムシッとします。台風一過の蒸し暑さ・・・

前回に引き続き、練習曲と、糸の引き分け、さくらさくらの練習
まだまだバチの持ち方が決まりません
スカバチと二本一緒に弾いてしまう専門
そして、毎回毎回覚えることばかりです

今日は、
1.竿を持つ手は、糸を押さえる手以外は手を開かずに常に握るようなカタチにする
(手を出来るだけ小さく見せる)
2.三の坪からとなりの四の坪を続けて弾くときは、三を押さえたままで四を押さえ、
四に戻るときは三の糸を離すだけでよい
(無駄な動きをしないようになっている)
3.すくいバチをするときは、弾いたあとバチ皮から離さずにすくう
4.ウチをするときは、爪を立てる。ウチの瞬間はバチを上げた状態で。
5.竿を持つ左手は、糸を押さえる時もハジキの時も手のひらが返らないように気をつける。
(常に「小さく前へならえ」状態)
6.坪を押さえる左手の親指は常に立てておき、親指の位置でツボの目安を図る
7.右手首と三味線の胴の距離は、手首を曲げたときに小指が皮の駒横か少し内側に当たるくらいの所
8.バチを持つ親指は、突っ張らずに力を抜いて添えること
9.三本の糸の引き分けは、右手首を曲げる角度で覚える。
肘から手首は動かさずに、手首だけ一番絞った状態でそのまま下ろすのが一の糸、
少し角度を緩めながら振り下ろすのが二の糸、一番角度を緩めて振り下ろすのが三の糸。

今日マスターするのは、この中のひとつだけでもよしとしよう・・・

先生と一緒にさくらさくらを弾いてみる。
先生はさくらさくらをお見事に唄いながら流れるように進んでいくのだが、私はとてもついて行けない。
途中でつかえて止まってしまい、焦る。
しかし、今日は相当つっかえつっかえだが、最初から最後まで弾き終わることが出来た。
とりあえず最後までいけて嬉しい、というのが感想である・・・

途中で分からなくなってしまい、押さえる糸を間違えるわ、
四ノ坪と一の坪の往復はパニックになるわ、
押さえ損なってピキーン!という変な音は出るわ、
バチはだんだん振り上がらなくなるわ、
だんだん前屈みになるわ、で
今日も終わるとヘトヘトでした。

そして、今日はお店で売っている三味線の説明をしてもらいました。

練習用のレンタル期間が三ヶ月で終わるので、(たぶんあっという間だし・・・)
そのタイミングで自分の三味線が欲しいとなったらどんな段取りがよいか?

まず、新品の三味線はいろいろ仕上げ加工が必要なので、
新品が欲しい場合は、前もって注文する必要がある。
皮を張るだけでなく、糸巻きのほぞ穴などもこれから開けなければならないとのこと。

三味線の種類は主に花梨(かりん)と紅木(こうき)の二種類。
(お店には紫檀や樫といった素材もありました)
花梨は主に練習用、演奏用は紅木。
紅木は赤いから紅木というのだそうだが・・・あまり赤くは見えない。
三味線はバイオリンなどと違い、古ければ古いほど音が深みを増すようなものではないそうだ。
実は三味線が一番よい状態なのは新品の時。
三味線を長く弾いていると、竿がカンベリしてくる。
カンベリというのは、糸を押さえる竿の表面がそこだけ目減りしてきて、
竿に溝のようなものが出来てしまうことをいう。
そうすると、竿の表面を薄く削って平らにしてメンテナンスをするのだが、
それを繰り返すと竿の厚みがなくなって来て、三味線全体にとって非常に都合が悪いそうだ。
だからそれを防ぐために、堅い木を使うのだが、
紅木はとてもとても堅い木で、削っている刃物がすぐにダメになるほど堅い木なので、
だから加工に時間も労力もかかるので値が張るのだそうだ。
恐れながら新品の紅木はとても値が張ります・・・

それに比べて花梨は柔らかいので加工もしやすく、従って花梨のほうが価格的に安いとのこと。

お店では中古品も多く取り扱っています。
全てメンテナンス、調整済みなので中古でも安心して買えます。
値段が同じだとして、新品の花梨VS中古の紅木なら、
状態がよければ(カンベリしていない)中古の紅木を買った方がよいとのこと。
(ネットなどでは、このカンベリまでは写真では見えないので絶対NGだそう)

よく言われるのは、ギターでも何でも最初は安いのでよいと思って買っても、
少し弾けるようになると、必ずいいのが欲しくなるということ。
どうやら、みんなそうらしい・・・
道具だって何だって、そうに決まっている。
それと、先生曰く、自分の楽器で練習したほうが気持が違ってくる、と。

練習することも考えることもたくさんあります・・・



駅のショッピングセンター内のスタバも上島珈琲も激混みでした
のどカラカラ・・・疲れたー・・・
スタバと同じフロアのインテリアショップの奥にある超穴場なカフェを発見

放心状態の頭を整理して帰るのにちょうどよい所見つけました



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

本日の稽古

今日は、『三味線手ほどき』というテキストをいただきました
文化譜の説明が載っています

三味線についての基本的なことがいろいろ書いてあります
本当はこれを最初からやるのが順当なのだけど、
一からやってると時間がかかりすぎるので、家で読んで勉強するようにと

最後のほうのページには練習のコツという項目があります
初心者にとって、コツは大事

ポイント1 いつも鏡で構え方を確認する
姿見というと2Fのドレッサーしかない
持って下りるわけにはいかないし、鏡は見てなかった
今日、初めてガラス戸に映る構えを見てみたが、
ただ椅子に座るだけでも、まっすぐ座ってるつもりが左肩が上がってしまっている
(カバンなど左の肩にかける習慣があるし、普段から左肩が凝るのに関係があるのだろう)
三味線を持つ前から、すでに体がゆがんでいることが判明
これはいかん・・・整体に通ったほうがいいかもしれない
(もしかしたら三味線をやれば猫背や、悪い姿勢が治るかも知れない・・・)
やはりこれは姿見を買おう
(きっとニトリで3000円くらいだ ホームセンターかリサイクルショップでもいいかも)

ポイント2 バチの角度を一定にする
これは習い始めた当初から言われていること
一定の角度でバチを振り子のように振り下ろし、
手首の角度で見当を付け、三本を引き分けなければならない
しかし、これまでの人生で、物を見ないで行うということはまずなかった
ピアノも鍵盤を見ながら弾くし、パソコンのキーボードもそうだし
目で確認しながらやることに慣れてしまっている
しかも、手首の角度で物事の見当を付けることなんてやったことはない
難易度高すぎ
まだロクにバチも持てないので、一番大事なことが全然上手くいかないのだ
徐々に覚えるしかない・・・焦ってはいけない

ポイント3 開放弦の音をいつも意識し耳を鍛える
三味線の音は余韻を引いた、高低いろいろな音が混じる大変複雑な音の集合体
びおわわわわーーーーーんんんん・・・・
これを正確に聞き分けるは年期がいるだろうなあ

調子笛というものがあって、初めて聞きました
手裏剣?ではありません
笛と言うより、ハーモニカのような音がします
これに三味線の音を合わせるというだけでも難しそうだ

いつも教室が終わると放心状態でヘトヘト
一息つかなければ帰れません



今日は反省点がたくさんあるので、家に帰ってすぐおさらいをします



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

三味線チューナー

IMG_2355.jpg

世の中にはこのような物が!

三味線用の便利なチューナーを入手
初心者には必需品

三味線の調子は
・本調子
・二上がり
・三下がり
主にこの三種類
この三種類の調弦をすぐ見てくれる優れもの
(琴用、笙用というのもあります)

音合わせがズレていると左右の赤ランプが点灯
ちょうどよいと、真ん中の緑のランプ
信号みたいで分かりやすい

三味線は弾いてるはしから、糸が緩んできます
そう言えば演奏者はよく、糸巻きに手をかける仕草をしてますね

糸巻きはいわゆるネジで止まってるのではありません
酒樽にはまっている木の栓みたいな、円錐形のカタチのものに巻き付けてあるだけです
しかも穴に押し込んであるだけ

調子はものすごく微妙です
ほんのちょっと握っただけで調子が変わってしまいます
回すと、本当に0.1ミリ単位で調子が変化します

巻き方がまずいと、すぐ緩んでしまったり、
ずるずるはずれてしまうこともあります
(私はまだ巻いたことはない)

「もし切れちゃったら、胴の下にある音緒に適当に結びつけておけば大丈夫だから」
と言われている(以外にアバウト)
しかし、レンタル期間の間は切れたくはない

巻き方なども、ゆくゆくは教わることになるのでしょう



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

久しぶりに読書

IMG_2354.jpg

このような本を読んでいます

ウラスジ

『長年の憧れだった三味線を習い始めた著者。
しかし、はじめて足を踏み入れる和のお稽古の世界は、
思いも寄らぬ驚きと発見に満ちていた!
西洋の音楽からは類推不可能な旋律、
三味線にもれなくついてくる小唄の苦労、
初めての発表会での緊張や、和もののお稽古に特有の
しきたりなどなどーーーーーー
次々と襲いかかる試練をクリアして、
ついに名取となるまでの道のりを軽妙に綴ったエッセイ。』

お師匠さんに入門するという習い方なので、
私とはちょっと違うが、
初心者にはいろいろ参考になります

そうそう、そうなのー!って

三味線は難しく、そう簡単には上達しないので
習っても三ヶ月くらいで辞めてしまう人が多いのだとか。

ああ、みんな大変だったんだなぁ・・・励みになります



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

レンタル三味線

P7191580.jpg

今日も暑かった・・・

今日はついに三味線がやってまいりました
練習用のレンタル三味線

ハードケースに入れてもらって持ち帰りました
ハードケースはソフトケースに比べて重いですが、やはり安心
下に置く時も安心なので、ホームで電車を待っている時など楽です

扱いに慣れている上級者は、
袋に入れた三味線を逆さまにして
胴を抱えて持ち歩く方法もあるということでした

とにかく楽器を持ち歩いたのは、小学校のリコーダー以来です

基本のバチの使い方をおさらい
一週間たつと忘れてしまいます
今日は真ん中の糸にうまく当たらないうえ、
三の糸は空振りばかり
こんなことで弾けるようになるんだろうか・・・と思うほど
持ち方や、撥以外の他のことに気をとられていると空振りします

初心者はとにかく力が入りすぎてしまうらしい
普段から、物を凝視し歯を食いしばり細かい作業ばかりしているので
力を抜いて何かをやるというのはとても難しいです

三味線は音を口真似して「チン、トン、シャン」などとよく言われますが、
何となく三味線の音色の喩えを言ってるのかと思っていたら
チンも、トンも、シャンも、全部特定の音を指し示しているということが判明
他にも、
ツン、トン、リン、ラン、レン、ロン
チャン、ジャン
などがあります

ロン、ジャンがあるから麻雀みたいと思ったそこのアナタ

次回までに少しは上達しなければ・・・
ただし、間違った自己流にならないよう気をつけましょう

P7191584.jpg



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.