一筆啓上

P8291923.jpg

「一筆啓上火の用心お仙泣かすな馬肥やせ」
徳川家康の家臣、本多作左衛門重次が、戦地から妻に送った文です。
日本一短い手紙ですが、簡潔にして明解な内容は今でも手紙の書き方のお手本とされています。

「友とバッタリ一緒に食事 晩の材料冷蔵庫 タラちゃん泣かすな火の用心」
1970年、公衆電話からの市内通話の料金が、10円で3分に決められました。
それまでは何と10円で無制限だったらしく・・・
当時の時事ネタのサザエさん4コマ漫画。
サザエさんが外出先のデパートから自宅に公衆電話をかけるところ。
今日から3分で電話が切れると思って、要件を超コンパクトにフネさんに伝える場面。

俳句を作っていて思うこと。
やろうと思えば言いたいことは、5・7・5に収まる。
・・・短くていいのだ。

俳句用の一行箋(もちろん俳句以外にも、ひとこと箋として使えます)
50mm×213mm(30枚入り)
手帳などに使われる、滲みや裏抜けが少ないMD用紙使用
目に優しい薄クリーム色です

木の芽月舍



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

和綴じ好き



和綴じ本が好き
正確に言うと、和綴じ本を作るのが好き
和紙や千代紙が好きだというのもさることながら
糸と針が出て来るところが気に入っている

和綴じの仕組みはつくづく合理的に出来ていると思う

袋綴じなので指に優しい
紙の端は背に綴じ込まれるので、
紙の四隅などが少々損じても(角がほんの少し折れてしまったとか)紙を無駄にすることがない
糊付けも、超最低限しか出てこない
下綴じのやり方もいい
糸綴じ穴より内側に2カ所穴を空け、糊を穴に少し詰める
そこに紙のこよりを通して、はみ出た部分を二ミリほど残してカット
こよりの紙を少しほぐして上から平らに押さえる
固いもので押しつければ段差も殆どなくなる

和紙と澱粉糊は非常に相性がいい
ほんの少しの糊で大丈夫だ
つまようじと指があれば間に合ってしまう

洋紙の製本はおおごとだ
まず広い台が居る
準備だけでもめんどくさい
バットに糊を用意し刷毛で糊を紙にベッチョリと塗る
用紙は紙の目があるので、瞬間くるりと反り始めて扱いにくいったらない
とにかく手はベタベタになるし、きれいに貼るのは難しい
貼り直しは出来ないし
一晩重しをして、溝に棒をかまして乾かさなきゃいけなかったりする
全てを糊で接着するという手法が、
熟練でないとイマイチ製本がきれいに出来ない原因になってると思う

最低限の手間で強度を生み出すという合理的な考え方
和文化全てに通じる日本人ならではの技術

まわりくどく作るなら誰でも出来る
いかにシンプルに作ることを考えるか
物作りはそれが必要

P8291922.jpg

中身はポケット俳句集(十字雀)
(一冊210句×3冊、合計630句)



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

キツツキ デンバー クッション

かれこれ20年以上使っているダイニングチェア
クッションを作ってみました

付属のクッションはメーカーには売っていますが、一個がすごーく高いんです
しかもオーダーしなければならず、待たなければならない・・・
メーカーのは座面のカタチに合わせたウレタンに、カバー付き
カバーはマチの付いたパイピング仕上げ、紐が付いていて結びつけるタイプ

しかし、使っているウチにウレタンが潰れて来て、
高さの付いたマチの全面だけが潰れてしまい
その姿が非常にかっこ悪くて気に入らないのです

買ってもどうせそうなるので、
マチを付けない座布団タイプにしてみました



会津木綿&遠州木綿
反物はどのみち幅が足りないのでツートンです
4色ございます

P8181808.jpg

P8181810.jpg

P8181809.jpg

P8181811.jpg



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.

のれん二種

ボテキンのれん作りました

ボテキンルームへの結界
反対側向けるか・・・

IMG_2450.jpg

しかし、赤くて暑苦しいので、
紺のロングのれんも作って、こっちにしました
透け具合いい感じです

P8091771.jpg

夏休み工作シリーズ



Copyright (C)Harue Takamori All rights reserved.